2人きりでいて、いい雰囲気なのに手を出してくる様子がない男性もいるでしょう。

そのような状況が重なれば、女性としては自信を無くしたり、自分に興味がないのかと不安になったりするかもしれません。

そこで今回は、男性がいい雰囲気の女性に手を出さない理由をご紹介します。

興味がないわけじゃない?いい雰囲気なのに手を出さない男性の心理

踏み込む勇気が出ない

自分に自信を持てない男性は、恋愛においても臆病な傾向にあります。

いくら相手のことを好きだと思っていても、「嫌がられるかもしれない」「もし断られたら」という考えが頭から離れないのです。

女性が自分に好意を持っていることが確信できないと、一歩を踏み出す勇気が出ないのでしょう。

その場合は、あなたからもスキンシップを取ったり、好意を示したりすれば、彼も距離を縮めやすくなるはずですよ。

大切だから軽はずみなことができない

目の前の女性への好意が強いほど、対応が慎重になりやすい男性は少なくありません。

「軽い男だと思われたくない」「嫌われずに付き合いたい」といった思いが働くと、簡単には手を出せなくなります。

なんとなく好意を感じるのに関係性が進展しない、対応は優しいけれどもう一歩踏み込んでこないというのは、あなたのことをそれだけ大切に思っている証拠なのです。

触れ合う気分じゃない

忙しくて疲れていたり、大きな仕事が山積みで頭がいっぱいだったり、体調がよくなかったり。

男性だって、女性と触れ合う気分になれないときはあるもの。

もしかしたら、あなたと一緒にいることでとてもリラックスしていて、さらに癒やされたいと感じているのかも。

相手が置かれている状況を把握することが大切ですよ。

異性としては意識していない

彼がその気になる気配が一切ないのであれば、そもそも異性として見られていないということも考えられます。

とはいえ、それでも一緒にいるということは、2人で過ごす時間に魅力を感じていることは間違いないでしょう。

それならば、まだ友達という認識で止まっていたとしても、恋愛へ発展させるチャンスは十分にあるはずです。

まずはあなたが好意を示して、異性として意識していることを伝えると、彼のあなたを見る目も少しずつ変わってくる可能性は高いですよ。

焦らず彼の本心を見抜いて

あまり考えたくないケースではありますが、彼が手を出してこないのは、あなたに興味がないという場合もありえます。

しかし、いまはまだ異性として興味がなくても、一緒にいることが楽しい、あるいは大切な存在とは思っている可能性もあるのです。

だからこそ、すぐに諦めず、状況をしっかりと見極めることが重要ですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)