素敵な男性と付き合えたはずなのに、なぜか長続きしない……そんな経験のある女性もいると思います。

もしかすると、相性のよくない男性を交際相手に選びがちなのかもしれません。

そこで今回は、関係が長続きする相性のいい男性を見つけるコツを3つご紹介します。

自分のタイプよりも重要!長続きする相性のいい男性を見極めるための3つのコツ

「許せない」ポイントの有無

自分の好みに当てはまる男性をパートナーに選ぶ女性は多いと思います。

しかし、目の前の男性を恋愛対象とするかどうかを判断するときは、自分にとって「受け入れられない」「不快」と感じるポイントがないかに注目することが大切です。

酒癖が悪い、金遣いが荒い、時間にルーズなど、人によって嫌いなポイントはさまざまでしょう。

けれど、初めの段階で許容できない部分がある男性と付き合っても、いずれは不満が溜まって別れる可能性の方が高いはず。

ぱっと見で許せないというところがない人を選ぶのが、相性のいい男性を探す最初のステップですよ。

時間をかけて内面の魅力で判断

仕事ができて見た目もかっこいい男性というのは、多くの女性から好意を寄せられることでしょう。

しかし、第一印象で外見のよさは分かっても、内面の魅力まで見抜くことは難しいものです。

自分と相性のいい男性というのは、その内面的なかっこよさに惹かれる人のことを指します。

人の内面の特徴や性格の傾向は、簡単に変化するものではないからこそ、内面に惹かれて始まった交際は、自然と結婚にも結び付きやすいはず。

2人だけの会話を楽しめる

長く付き合えて結婚まで考えられる男性というのは、当然ほかの男性よりも長い時間を一緒に過ごす相手です。

ならば、2人で過ごす時間の居心地のよさや楽しさが、重要な要素になってきますよね。

お互いに会話を楽しめ、価値観や趣味、考え方が近い相手とは、自然に等身大の心地よい関係を築けるでしょう。

一方で、話の合わない、そして合わせる努力をしない男性とは、次第に2人でいること自体が苦痛になってくるものです。

たとえ交際を始めても、すぐにすれ違ってしまう可能性は低くありません。

話が合い、一緒に楽しい時間を過ごせる男性を選ぶことをおすすめしますよ。

視点を変えて探してみて

結局は、付き合い始めてからの歩み寄りの努力が重要になるものですが、初めから相性がいいに越したことはありません。

少なくとも、2人でいることがストレスに感じられる男性を避けることは、幸せな恋愛には必要なステップでしょう。

自然と恋が長続きする、素敵な男性を探してみてくださいね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)