気になる女性ができて、まだ相手のことをよく知らない初期段階ほど、男性の根っこにある価値観や考え方が、アプローチの仕方に影響を与えるもの。

なかには見抜くのが難しいものもありますが、好意のサインを知っておけば、恋のチャンスをものにできる可能性は高まるはず。

そこで今回は、男性の星座別に、本命の女性に対するアプローチの仕方を占いました。

前編に引き続き、てんびん座(9/23~10/23)からうお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】男性の星座別♡本命の女性に見せてしまう「好意のサイン」

てんびん座(9/23~10/23)

【駆け引きをする】

てんびん座の男性は、恋の駆け引きも恋愛の楽しみのひとつと思っていることが多いようです。

そのため、気になる女性にはひんぱんにLINEしてみたり、ちょっと放置してみたり……なんてことをしがち。

ツンデレなアプローチを仕掛けて、その反応を見るのが好きなのでしょう。

さそり座(10/24~11/21)

【恋人の有無を聞く】

一度気になった女性には、気持ちがぐっと傾きやすいのが、さそり座の男性。

どんなアプローチをするにしても、とりあえず恋人の存在が気になってしかたないのです。

「……で、恋人はいるの?」と探るような感じで聞いてくるのが、彼の好意の証と言えます。

いて座(11/22~12/21)

【ストレートに告白】

いて座の男性は、恋に関してとてもアグレッシブで、本格的なアプローチをするタイプ。

人気のない場所を選んで、2人きりになるシチュエーションをセッティングします。

そして、女性の目を見ながら「俺と付き合わない?」と直球のセリフで迫ってくるはずです。

やぎ座(12/22~1/19)

【日常生活について質問】

好意とは別に、その女性の生活能力や金銭感覚、一般常識などが気になってしまう、やぎ座の男性。

「いつもどんなお店で食事するの?」「買物ってどのへんでする?」といった、生活に密着した質問を重ねるよう。

ここでチェックした価値観に差が大きければ、そっと距離を置かれるかもしれません。

みずがめ座(1/20~2/18)

【自分の趣味を話す】

みずがめ座の男性は、個性的であると同時に、自分の独創性に誇りを持っているところがあります。

彼が最近ハマっている趣味などについて「どう思う?」と聞いてきたら、それは間違いなく好意のサイン。

一緒に楽しむまで行かなくても、せめて理解を示してもらえなければ、それ以上関係を深めようとは思わないみたい。

うお座(2/19~3/20)

【恋バナをする】

気配りが上手で、恋愛話を好む傾向にあるのが、うお座の男性。

共通の男友達や仕事仲間の恋愛話を、雑談のネタとして振ってくるなら、目の前の女性に好意を持っている証拠でしょう。

とりあえず他人の恋愛話で雰囲気を恋愛モードに持っていき、自分たちの仲を話題にする下準備なのかも。

好意のサインを確実につかんで

恋愛の初期には、相手の女性に合ったアプローチの仕方が分からず、その人の素の方法が表に出るもの。

でも、彼の好意のサインに気付けなければ、華麗にスルーして終わりという可能性もあります。

男性のアプローチの仕方を知っておくことで、恋のチャンスをつかみやすくなるはずですよ。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)