交際期間が長くなってくるにつれ、改めて気持ちを確認しあうことも少なくなってくるもの。

なんだか最近ときめきを感じていないな……という人は少なくないのではないでしょうか。

もしかすると、それは彼も同じかもしれません。

ときめかなくなってきたと言えど、やっぱり大好きな彼。たまにはドキドキしてほしいですよね。

そこで今回は、男性がドキッとするひとことをご紹介します。ぜひ実践してみてください!

ずっとラブラブ♡「彼に効果的に愛情を伝えるひとこと」3選

「あなたに任せるね」

恋人への信頼は、なにげないシーンに表れます。

2人で共用するものの買い物など、大事な選択を彼に任せることで、自分がどれほど信頼されているか実感できるでしょう。

普段あまり彼に弱みを見せない女性ほど、男性はうれしく感じると思います。

すべて相手任せにするのは、「興味がないのかな」と思わせてしまいますが、相手の選択を尊重する姿勢は持ちつづけましょう。

「大好きだよ」

日ごろから、彼に対して「大好き」と素直に言えていますか?

心では思っていても、恥ずかしさから、口にできない女性は多いのではないかと思います。

そんなときに意識したいことが、彼の性格や考え方、体のパーツを褒めることです。

「大好き」だけだと言いづらいと思いますが、具体的なものを指すなら、言いやすくなるのではないでしょうか。

改めて好きと言われると、彼もドキッとするはず。

普段とは違った様子に、あなたへの好意がさらに高まるかもしれませんよ。

「頭いいね!」

大好きな人から褒められる言葉ほど、自信になるものはありません。

付き合っていてスゴいと思うことがあれば、ぜひ積極的に口にしてみて。「〇〇は器用だね」など、なんでもいいと思います。

彼のことをすごい、見習いたいという気持ちを込めて言えると、彼はこっぱずかしくも、うれしく感じられるでしょう。

普段あまり言われていないであろう彼のよさを指摘できると、よりあなたに対して特別な感情を抱くはずです。

立場にあぐらをかかない

付き合ったあとにどんどん気持ちが離れていくのは、関係をないがしろにしているからに他なりません。

彼女という立場にあぐらをかいていたら、やがて彼に愛想を尽かされてしまうかも……。

付き合っているという関係に安心せずに、愛情や信頼を折に触れて伝え合うことが大事です。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)