LINEでは何度もやり取りをしていたけれど、いざ初デートとなると緊張する女性も多いはず。

ウキウキで臨んだはずが、沈黙が続いて気まずくなった……そんな事態を避けて、彼との関係を深めていくためには、意識すべきポイントがあるのです。

そこで今回は、初めてのデートで楽しい会話を実現するための3つのコツをご紹介します。

次につながる時間に!気になる彼との初デートで会話を楽しんでもらうコツ

目を見て素直な気持ちを伝える

初デートよりも前に、LINEでひんぱんに連絡を取る関係になっていたとしても、顔を合わせない会話で出せる話題は限られますよね。

顔が見えないから、「こんな話題はやめておこう」とか「ちゃんとした言葉遣いをしよう」と考えて、お互いに本音を出し切れないことも多いと思います。

しかし実際に会えば、相手の目と顔を見て話せるので、それまでよりも距離が近づくことを感じられるはず。

実際に面と向かって話すの緊張するかもしれませんが、素直な気持ちを伝えることで、初めての対面でも会話も気まずくならないでしょう。

まずは、彼に直接会えたことへの、あなたの感想を言葉にしてみてくださいね。

彼の「好き」に近づける

会話で距離を縮める際の基本として、お互いの共通点を探すという考え方があります。

もしもなにかしらの共通点が見つかったら、見つけて終わりではなく、そこを掘り下げてみましょう。

デート前にLINEで映画の話をしていたなら、身振り手振りを加えて、より深い感想を伝えあったり、目立たないけれど魅力的なシーンに言及してみたり。

会話の中で自分と似た感想が出てきたら、そこをちょっと深堀することで、自然に共感の姿勢が取れるはずですよ。

そうなれば、次第に「好き」の感覚が近くなり、2人の関係性も少しずつ深まっていくのではないでしょうか。

感情は抑えめに

初めてのデートで、突然これまでの人生のすべてを打ち明けられても、普通は受け止めきれません。

自分のことをもっと知ってほしい気持ちは分かりますが、思いつくままに感情をぶつけると、彼に引かれる可能性が出てきます。

ここはひとつ、感情を少し抑えることで、上品な印象を心掛けてみてください。

自分の仕事や日常生活に関わる話題は避けて、2人が楽しめる話題選びを意識しましょう。

次のデートにつなげて

初デートをよい印象で終え、次の機会につなげるためには、お互いが相手との距離が縮まった実感を得ることが重要です。

そのために最も効果的なのは、彼との時間を引き延ばしすぎず、会話が盛り上がったタイミングで解散すること。

そうすることで、自然と「また会いたい!」と思ってもらえるはずです。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)