デートの最初は機嫌がよかった彼が、だんだん不機嫌になってきたけれど、なにかあったのかな……と不思議に思ったことのある女性もいるかもしれません。

もしかすると、あなたが意識せずに行っている言動が原因で、彼がデートを楽しめなくなっている可能性があります。

そこで今回は、男性の気持ちが冷める、デート中のNG言動を3つご紹介します。

本音を言えばいいわけじゃない…男性の好意が冷めるデート中のNG言動3選

「この後、別の約束があるの」

デートに誘った男性は、今日1日は2人きりの時間を楽しめると思ってプランを組んできたのに、当日になって「今日〇時に別の約束があるの」と言われたら、当然ガッカリしますよね。

これから遊びに行くという気持ちが冷めるだけでなく、「自分は大事な存在じゃないのか……」と落ち込む原因にもなるはずです。

事前に言われていれば、時間の制限を踏まえて最大限楽しめるプランを組んだでしょう。

そんなすれ違いをなくすためにも、デートの開始時間のすり合わせだけでなく、スケジュールの共有を済ませておくといいですよ。

「なんでもいい」からの後出し

たとえば、デートで映画館に行くとき、映画の好みを伝えていないのに、チケットを買ってから「じつはこのジャンルってあんまり好きじゃないんだよね」と打ち明ける。

あるいは、食事を決める際に「なんでもいい」と言いながら、お店に入ってから「イタリアン、嫌いなんだよね」とチョイスに不満をこぼす。

無意識に本音を話しているつもりでも、言われた側はかなり嫌な気持ちになる発言です。

女性に楽しんでもらおうと計画した男性からすれば、デートすること自体が面倒に感じられても不思議じゃありません。

後出しがいい結果につながることはまずないので、事前に好みやジャンルの指定をしておくことをおすすめします。

自分の疲れをアピールしてばかり

デート当日の体調を、毎回万全にするというのは、非常に難しいことです。

とくに、休みの日は仕事の疲れが押し寄せてきて、いつも通りに楽しめないことも決して珍しくありません。

しかし、彼に「頑張ったね」「お疲れ様」と労われたくて、「しんどいの」「最近寝不足で」と疲れをアピールしているなら要注意。

せっかくデートを楽しみにしていた男性の気分も、盛り下がってしまいますよね。

言った側は甘えたいだけだとしても、自分との時間を前向きに過ごしてもらえないのでは、彼の好意まで冷めてしまう可能性は低くないでしょう。

2人で楽しむ気持ちを忘れずに

2人で過ごすデートの時間を素敵なものにするには、あなた自身の思いやりも大切です。

「彼にデートを楽しんでもらいたい」「一緒にラブラブ気分を盛り上げたい」といった気持ちが必要ですよ。

もちろん、ポジティブな気持ちを素直に表現することは大切ですが、彼が楽しめる思いの伝え方を意識しましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)