女性に甘えられて、気を悪くする男性はまずいません。

ですが、思わずときめく甘え方ができれば、2人の関係を一気に深めることも可能です。

そこで今回は、男性の星座別に、好感度急上昇なアプローチの仕方を占いました。

まずは前編として、おひつじ座(3/21~4/19)からおとめ座(8/23~9/22)をご紹介します。

【前編】男性の星座別!思わずときめく効果的な甘え方って?

おひつじ座(3/21~4/19)

おひつじ座の男性は、基本的に女性と関わることを求める人が多く、ちょっと気になる女性に甘えられるだけでときめきがち。

靴を履くときにつかまったり、街中で軽く袖をつかんだりという、さりげないボディタッチがたまりません。

甘えるときは「あざとくても堂々と!」の意識が大切ですよ。

おうし座(4/20~5/20)

2人きりになったタイミングで身を寄せる、手を絡ませるといった、大胆な甘えっぷりに弱いのが、おうし座の男性。

気になっている彼といい感じになったら、思いきって自分から手をつないでみると効果的ですよ。

ただし、大勢の人がいる場所では落ち着かないので、ほかに誰もいない帰り道や個室で実践してみましょう。

ふたご座(5/21~6/21)

ふたご座の男性は、新しいもの好きで、流行に敏感なところがあります。

「最近よく聞く○○ってカフェに連れて行ってほしい」「行列してるかき氷屋さんに連れてって」など、流行を一緒に楽しむデートをおねだりされると、思わず胸キュン。

ありきたりなスポットは避け、「行こう」じゃなくて「連れてって」でお願いするのがポイント。

かに座(6/22~7/22)

誰にでも優しくふるまい、気になる女性にはとくに尽くす傾向にある、かに座の男性。

一見気が弱そうでも、じつは亭主関白な一面を持っており、あからさまに甘えたり、ベタベタされるのはNG。

控えめに「ご馳走になってもいいですか……」と頼ってあげてくださいね。

しし座(7/23~8/22)

しし座の男性は、目立つことが大好きで、ほかの人にも分かりやすい甘え方を喜びがちです。

しかし、胸キュンと優越感を同時に感じられる甘えっぷりも、回数が重なれば次第に飽きて、ウンザリしてきます。

たまにはみんなの前で甘えて、見せつけるという姿勢が効果的かも。

おとめ座(8/23~9/22)

自分を過大に評価することはないけれど、頼られたいという気持ちは人一倍強いのが、おとめ座の男性の特徴。

力仕事といった「男らしい」一面に注目したお願いにドキドキしやすいようです。

とはいえ、頼られてできないとひどく落ち込んでしまうので、彼がギリギリできそうな仕事をお願いしてみましょう。

「特別な存在」と思わせて

人それぞれ、ときめきやすいポイントは違います。

しかし男性は、誰しも「自分だけ」という特別感を覚えると、幸せな気分になるのです。

気になる彼のツボを押さえて、上手な甘え方で心をつかみましょう。

(麻音/占い師)

(愛カツ編集部)

●【後編】男性の星座別!思わずときめく効果的な甘え方って?