女性に甘えられて、気を悪くする男性はまずいません。

ですが、思わずときめく甘え方ができれば、2人の関係を一気に深めることも可能です。

そこで今回は、男性の星座別に、好感度急上昇なアプローチの仕方を占いました。

前編に引き続き、てんびん座(9/23~10/23)からうお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】男性の星座別!思わずときめく効果的な甘え方って?

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の男性は、美意識が高く、身につけるものにこだわりを持っているタイプです。

「これ、あなたに似合うはず」と洗練されたアイテムをおすすめして「着てみて、身につけてみて」とおねだりされると胸キュン。

彼への愛を感じてもらえるように、気になる男性のセンスを理解しましょう。

さそり座(10/24~11/21)

心を開くまでに時間はかかるけれど、お金や労力をおねだりされると尽くしたい欲が刺激されやすい、さそり座の男性。

膝をくっつけられながら「車出して?」「○○欲しいな〜買って♡」とお願いされると、思わず「はい!」と答えてしまうかも。

でも、プライベートを探られるのは図々しく感じるので、踏み込みすぎには要注意ですよ。

いて座(11/22/~12/21)

いて座の男性は、「女性はありのままの姿が一番」と思っていることが多いようで、女性らしい甘え方が好きみたい。

体力がなくて「疲れたから帰ろう」とか「荷物持って~」と言われると、ときめくというか、ゾクゾクしちゃうことも少なくないかも。

しかし、飽きっぽい一面もあるので、つねに甘え方を変えて、新しいお願いをするように意識してみて。

やぎ座(12/22~1/19)

仕事にストイックで、そんな自分の真面目な性格を踏まえたふるまいを好む傾向にあるのが、やぎ座の男性。

「夜、少しでいいから電話に付き合って」「仕事終わったら返信してね」という風に状況をよく読んで甘えると、じんわりと喜びを感じます。

逆に、彼の都合はおかまいなしに、仕事中なのに電話したり、LINEを催促したりは嫌がられるので、気をつけてくださいね。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の男性は、現実的かつクールなタイプで、遠回しな言い方は好まないようです。

そんな彼には、甘えたいことをはっきり伝えるのが効果的。

「すっごく楽しいから一緒にやろうよ!」という感じで、自分のやりたいことを、情熱と熱意をもって押し付けてくる女性にキュンとします。

うお座(2/19~3/20)

甘えられること自体が大好きという人が多い、うお座の男性。

「お願い」「私のために~してほしいの」と連発されるほどに心を奪われ、ちょっとくらいのワガママもなんのその。

でも内心では、彼自身も女性に甘えたいようなので、バランスよく彼の願望も叶えてあげましょう。

「特別な存在」と思わせて

人それぞれ、ときめきやすいポイントは違います。

しかし男性は、誰しも「自分だけ」という特別感を覚えると、幸せな気分になるのです。

気になる彼のツボを押さえて、上手な甘え方で心をつかみましょう。

(麻音/占い師)

(愛カツ編集部)