恋をすると心が弾み、フワフワと浮いたような心持ちになりますよね。

しかし、じつはそこに油断が生じることも少なくありません。

そんなときは、どうすればいいのでしょうか。

この記事では、誕生月別に「この夏に注意すべき恋の罠」をご紹介いたします。

今回は前編に引き続き、7月〜12月生まれのご紹介です!

【後編】誕生月別・この夏に注意すべき「恋の罠」とは…?

7月生まれ

【相手に押し付けないように】

恋愛において、自分の意見やルールを通しすぎると悪循環に陥りがち。

気になる異性に対しては、押してダメなら引いてみること。

一般論に惑わされずに柔軟な対応をすることが肝心です。

相手のペースも考えながら行動しましょう。

8月生まれ

【自分と向き合うべき】

この時期はじっくり自分と向き合ったり、過去の出来事を見つめ直すといいでしょう。

これまでの恋愛パターンから、あなたがどうすればうまくいき、どうすればダメになっていたか分析すると◎。

それを活かした行動をとるようにすれば恋愛もうまくいくはず。

9月生まれ

【秘密の関係を持ってしまいそう】

人に隠れて誰かと秘密を持ってしまいそうなシーズン。

秘めた関係も素敵なものではありますが、うしろめたいことは避けたほうが無難です。

できるだけ明るい気分でいられるように心がけましょう。

このシーズンに近付いてくる異性は要注意です。

10月生まれ

【すれ違いが起きそう】

いつもは仲良くできるあの人と、この時期はなぜかすれ違ってしまうかも。

しかしこんな日もときにはあると、あまり気にしないことが大事です。

あれこれ詮索するのはNG。

今はそっとしておきましょう。

そのうち気が変わってなにごともなかったかのように言葉を交わせるようになるはずです。

11月生まれ

【避けられてしまう恐れが】

好きな人に会いたいのになぜか避けられてしまうシーズン。

無理に会おうと追いかけても徒労に終わってしまう恐れも。

こんなときは自分磨きに徹しましょう。

鏡をよく見て身だしなみを整えたり、ファッションセンスを磨いたりしましょう。

地道な努力が恋愛運アップのきっかけになるでしょう。

12月生まれ

【ネガティブに思い詰めてしまう】

気持ちが下降気味で、恋愛についてもネガティブなことを考えてしまいがちなシーズンです。

しかし、あなたの考え方一つでどんな状況でも幸せになれることを忘れないで。

発想を変えて好きな人になにをしてあげたらいいのか、じっくりと考えてみましょう。

いい夏にするために!

恋の喜びは必ず他人からやってくる反面、恋の罠も他人からやってきます。

恋愛を喜びとするか悲しみとするか、それは自分の判断力次第だといえます。

一見甘い言葉のように聞こえるものでも、その裏には醜い欲望が潜んでいることも少なくありません。

相手の善意は信じるとしても、その裏に悪意がないかどうかしっかりと見極めましょう。

そうすれば、恋の罠を回避することができるはずですよ。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

【前編】1月~6月生まれがこの夏に注意すべき「恋の罠」とは…?