相手が自分に好意を持っていることが分かるふるまい、「脈ありサイン」に気付くことができれば、2人の関係を進展させやすくなるもの。

とくに、恋の駆け引きをするのなら、気になる彼の気持ちは把握しておきたいですよね。

そこで今回は、男性の星座別に、好きな女性への「脈ありサイン」となる行動を占いました。

前編に引き続き、てんびん座(9/23~10/23)からうお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】気になる彼の星座で分かる!脈ありのときに見せる特別な言動って?

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の男性は、アプローチをかけると決めたら、スマートに攻めたいタイプ。

そのため、前準備として相手のことをひたすら観察する時期があります。

よく目が合う、会話の中で質問をされることが多いといった場合、それは彼があなたに強い興味を抱いている証拠です。

さそり座(10/24~11/21)

秘密主義なところがあり、自分の気持ちを表に出さない傾向にあるのが、さそり座の男性。

彼の「脈ありサイン」を見分けるのは、簡単なことではないでしょう。

しかし、好きな女性へのアプローチには一生懸命なので、片思いの相手の趣味について詳しく調べるなど、見えないところで諦めずに準備をしているかも。

いて座(11/22~12/21)

いて座の男性は、誰の目にも「あ、あの子が好きなんだな」と分かるくらいにバレバレな「脈ありサイン」を出すみたい。

真剣な交際を考えているときほど、お互いの中身をよく知ろうとするところがあります。

彼に2人きりで話すシチュエーションに誘われたら、関係を進める一歩を踏み出してきた可能性は高いですよ。

やぎ座(12/22~1/19)

真面目で一見すると堅苦しく、恋愛においては奥手な一面がある、やぎ座の男性。

ロマンティックなムードが得意ではなく、駆け引きをすることも少ないようです。

そもそも恋愛への苦手意識を持っており、異性として近づくことは避け、あえて友達や同僚として接し方を意識している場合もあるでしょう。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の男性は、友情の延長としてアプローチするタイプで、元来の優しさと相まって「友情」と「愛情」の判断が難しいかもしれません。

とはいえ、みずがめ座の男性は、他人に対する興味が強くない傾向にあるので、関心を持つこと自体がアプローチの一種と言えるはず。

感性をほめたり、能力に一目置いたりする態度こそ、彼の「脈ありサイン」です。

うお座(2/19~3/20)

穏やかさと優しさが特徴のうお座の男性については、「優しさ」を脈ありサインの指針にするのは効果的と言えません。

しかし、恋愛感情を抱く相手には、向ける視線や話し方が明らかに違い、好きな人のそばにできるだけ長くいようとするみたいです。

そのため、言葉にはしなくても、自分からさりげなく近づいていくでしょう。

好意を確信できる材料に

自分に自信のない人ほど、気になる異性の好意が確信できないと、一歩を踏み出せないところがあります。

本当は両思いなのに、お互いに近づけずにいる……なんて状況を打破するには、相手の気持ちが分かるポイントを知っておくことは重要でしょう。

大好きな彼の脈ありサインを見極めて、素敵な恋愛をしてくださいね。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)