気になる人への連絡は、内容や時間帯などいろいろ気をつけなければなりません。

とくに、「どれぐらいのペースで送ればいいのか」って悩んだことはありませんか?

多すぎたら迷惑がられるし、少なかったら興味ないと思われてしまうかもしれません。

そこで今回は、男性の誕生月別に彼の理想の「連絡頻度」を占いました。

前編に引き続き、7月〜12月生まれまでを紹介します。

【後編】男性の誕生月で占う!彼の理想の「連絡頻度」は?

7月生まれ

……だんだんと頻度を減らす

彼を落とすのは意外と簡単かもしれません。

惚れっぽいところがあるので、思わせぶりな連絡でコロッと落ちるでしょう。

今月は毎日、来月は3日に1回など減らしていくのがコツです。

あまり押すと、逆に引いてしまう可能性があります。

8月生まれ

……あなたが大変なとき

彼は好きな相手に対して、あまり自分の気持ちをおおっぴらにすることはありません。

そんな彼の心を自分に向けるには、「頼ってみること」。

あなたが大変なときに、連絡して甘えてみてください。

とくに、仕事や人間関係の相談をしてみるのが効果的でしょう。

9月生まれ

……週末に2回

9月生まれの彼にとって理想的な連絡頻度は、週末に2回だと言えます。

彼が驚くような感性を持っていないと、トントン拍子に恋に進展するのは難しいでしょう。

コツは、彼の複雑な精神を受け入れて1番の理解者になるように努めること。

時間はかかりますが、毎週休日にアタックすることで、あなたを特別な存在と考えてくれるはず。

10月生まれ

……5日に1回程度

彼にはドキドキさせる話題が有効かもしれません。

ただ、初めのうちは「興味ありません」という素振りで、自分のドキドキを隠そうとするでしょう。

あまりに露骨にアタックすると、引かれてしまうところもあるので、5日に1回程度にとどめておくのがコツです。

彼の方から連絡してきたら、そこで一気に仕留めにかかるようにしてみましょう。

11月生まれ

……2週間に1回からディープに

彼はあまり連絡されることを好まないので、2週間に1度程度が理想かもしれません。

好意を芽生えさせるために大切なのは、ある程度の関係になったらディープな話題を出すことです。

「彼の子供時代の話」「仕事の人間関係の悩み」などがいいかもしれません。

いったん自分のテリトリーに入れると、かなり親しくなってくれるはず。

12月生まれ

……平日の夜に毎日

彼に好意的に思われるには、いつもそばにいることを意識してみましょう。

そのため、連絡は平日の夜に毎日がいいかも。

彼の魅力がどこにあり、なにを言われると喜ぶのかをリサーチできれば、わりとスムーズに親密になれそう。

嫌がる話題は避け、ピンポイントでツボを突いていきましょう。

いい頻度で送れば…

彼にとって丁度いい頻度で連絡できれば、あなたの好感度は一気に上がるでしょう。

「価値観が合うな」と思われるきっかけにもなるかもしれません。

ただ、頻度だけではなく、もちろん内容や言葉の使い方にも注意してくださいね。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

【前編】1月~6月生まれの彼の理想の「連絡頻度」は?