恋愛をしていると、好きだからこそ、「もっとこうしてほしい」と思っても、つい我慢してしまうことってあるはずです。

きっとそれは、男性も同じ。

今回は、男性が彼女に対して、「ここ直してほしいな……」と、内心思うことが多いものをピックアップしてみましたよ。

2人の関係をよりよいものにするためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

好きだからこそ…男性が彼女に「直してほしい」と思っていること

察してもらおうとする

好きな人ができると、つい相手に甘えたくなったり、「かまってほしい」と思ったりすることがあるのではないでしょうか。

寂しいときに、素直に「寂しいから会いたい」と言えればいいでしょう。

でも、寂しい気持ちを素直に伝えられず、たわいもない内容や変なスタンプを送って相手を困らせる「かまってちゃん」になっていませんか?

寂しいときや会いたいときは、ヘタに紛らわすよりも、ストレートに自分の気持ちを伝えた方がいいですよ。

そのほうが、相手はあなたの気持ちがわかって、反応がしやすいはず。

これはLINEに限った話ではありません。

きちんと自分を意思表示できる女性の方が、男性は付き合いやすく、関係も図りやすいと思います。

心当たりのある方は、気をつけてみてくださいね。

頼ってくれない

恋人の存在は頼もしく、関係がうまくいけば人生のパートナーにもなり得る存在です。

ふだん、あまり自分の気持ちを彼に話していないのなら、もっと甘えて頼ってみてもいいのではないでしょうか。

たとえば、仕事でこんな不満があるけど、こんなキャリアを歩みたい。友だちとの関係で悩んでいる……など。

自分のことを話すことで、相手から実りになる話が聞けるかもしれませんよ。

2人の関係に対する意見も同じくです。どんなに察しのいい男性も、言わないとわからないことはあります。

「もっとこうして」と思うことを伝えることで、彼なりに改善してくれるかもしれません。

付き合っているんですから、2人の問題は一緒に解決していくべきもの。

話し合うことで解決することは多く、その積み重ねが2人の仲を深めることも多いでしょう。

気持ちを素直に伝えるのが大事!

久しぶりに恋人ができると、どうやって付き合ったらいいのか、付き合い方がわからない女性も多いはず。

恋愛って、付き合う人が変わればその形も変わるものです。

ぜひ新しい2人の関係を楽しみながら、前向きに恋愛をしてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)