LINEは手軽に文章やスタンプを送れる反面、表情や細かいニュアンスは伝わらないものです。

しかし、男性の彼女に対する認識の変化は、LINEの内容にも表れるのだとか。

そこで今回は、男性の星座別に、好意が冷めてきた女性に送りがちなLINEを占いました。

前編に引き続き、てんびん座からうお座をご紹介します。

【後編】男性の星座別!彼女へのLINEに見える好意が冷めてきたサイン

てんびん座(9月23日~10月23日)

てんびん座の男性は、マイペースなところがあり、普段から返信は決して速くありません。

しかし、そんな彼がさらに遅くなるようでは、たとえ既読スルーされていなくても、好意が冷めてきたサインと言えます。

「読んだの?」と返事を催促せず、気にしていない態度の方が、彼の心を揺さぶるには効果的なよう。

さそり座(10月24日~11月21日)

気持ちが冷めてきた相手には、手のひらを返したように関心を向けなくなるのが、さそり座の男性。

既読無視ではなく、完全な未読無視になる可能性が高いです。

そんなときは、一度時間を空けて、必要な連絡は電話や直接会うようにすることをおすすめします。

いて座(11月22日~12月21日)

いて座(11月22日~12月21日)

いて座の男性は、話題があちこちに飛ぶタイプですが、大切な女性とのLINEでは、極力合わせようと努力します。

もしも最近話題がずれたり、噛み合わなかったりすることが増えたと感じたら、それが冷めてきたサインなのでしょう。

無理に自分の話を聞いてもらうとするよりも、彼の話に付き合うようにするといいですよ。

やぎ座(12月22日~1月19日)

無駄なことを嫌い、興味のない相手に文章を書きたがらないのが、やぎ座の男性の特徴。

どんなメッセージを送っても、スタンプでしか返してこないなら、労力を使いたくない相手と認定されているのかも。

普段よりも丁寧な文章で、スタンプばかりになっていることについては深堀しないようにしてあげて。

みずがめ座(1月20日~2月18日)

気まぐれな傾向が強いみずがめ座の男性は、大切な女性に対しては、文字に残るLINEでのやり取りを積極的に行います。

逆に、好意が冷めてきた相手には、LINEでの約束を避けるようになるそう。

「その気になったら連絡してね」と彼の意思を尊重してあげると、大切な存在としてまた意識してくれるはずですよ。

うお座(2月19日~3月20日)

寂しがり屋な一面があり、連絡の頻度が高めのうお座の男性。

しかし、気持ちが薄れてからの会話は、一転して「おはよう」「おやすみ」だけになるのだとか。

彼に甘えるような言葉を伝えてみると、思いが再燃するかもしれません。

再燃焼のポイントも知っておいて

手軽にメッセージを送れるけれど、微妙な気持ちの変化や複雑なニュアンスを伝えるのには向いていないLINE。

言葉の使い方ひとつで、大きな誤解につながる可能性もあります。

大好きな彼の気持ちを盛り上げるポイントを押さえて、素敵な関係を築きましょう。

(マーリン瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)