モテる女性は、ときにちょっとした贈り物を渡して、男性の心をつかむことがあるようです。

プレゼントを渡すタイミングやシチュエーションは、渡すもの以上にときめきを強めることもあるでしょう。

そこで今回は、男性がプレゼントをもらってキュンとした瞬間を3つご紹介します。

さりげない気遣いにときめく♡男性が小さなプレゼントにキュンとした瞬間3選

残業中に食べやすい差し入れ

「残業が深夜確定って感じだった日に、夜食を買うタイミングを逃したんですよ。そしたら、同じく残業中だった先輩が部屋を出ていったから、仕事が終わって帰ったんだと思ったんですね。

でもそのあと戻ってきて、サンドイッチと飲み物を差し入れしてくれました。さっと食べられるチョイスだし、俺の子と見ててくれたのもうれしいし、惚れそうでした」(25歳男性/出版)

仕事に追われているときの差し入れは、それだけで救われた気分になるものですが、シチュエーション次第ではさらに好感度が上がるよう。

差し入れのタイミングや仕事をしながらでも食べやすいものを選ぶなど、ひと工夫加えるだけでときめきが大きくなりますよ。

旅行のお土産を手渡して雑談

「旅行のお土産を『お土産どうぞ』みたいなメモと一緒に部屋の中心に置く人が多いんですが、同僚は手渡しで1人ずつ配っていました。

渡すときはちょっとした会話を挟みながら、渡すタイミングも始業前や昼休みなどを上手く使っていて、気遣い上手だな~と思ってキュンとしました」(23歳男性/IT)

皆と同じお土産でも、渡し方を工夫すれば好印象を与えられることもあるのです。

手渡すついでに旅行の思い出話などを挟めば、コミュニケーションのきっかけにもなりますよ。

受け取りやすいライトな誕生日プレゼント

「女友達とラインでやり取りしてるときに『この前俺誕生日だったんだ』と話をしたら、後日有名店のプリンを買ってきてくれました。

『遅くなったけど、たまたまあのプリンゲットできたから』って言われて、前に話したことを覚えててくれたんだ……と感動して、そのまま気になる存在になりました」(23歳男性/美容)

気になる男性に誕生日プレゼントをあげるなら、遠慮なく受け取れる軽めのものがおすすめ。

これまでの会話をヒントに、彼の好みや興味を意識して選べば、素敵なプレゼントを導き出せるはずです。

プレゼントするシチュエーションを工夫して

気になる男性になにかをあげる場合、あげるもの自体はそれほど重要ではありません。

お返しのことを気軽に考えられるような、受け取りやすいものをあげるシチュエーションの方が、好印象に直結するのです。

特別感を与えつつ、気遣いと工夫を加えれば、大きなときめきを感じさせて、彼の心をつかめるはずですよ。

(愛カツ編集部)