最近彼の態度が素っ気なくなったように感じると、好意が薄れてきたのかと不安になる女性は多いでしょう。

男性の好意が言動に表れやすいように、気持ちが離れ始めた兆候もふるまいから察知できるのです。

そこで今回は、男性の星座別に、彼女への愛情が薄れたときのサインを占いました。

前編に引き続き、てんびん座(9/23~10/23)からうお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】彼の星座で分かる!彼女への愛情が薄れたサイン

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の男性は、争いごとを嫌う傾向にあり、大切な女性と意見が食い違ったときは、相手に合わせることが多いタイプ。

そんな彼の気持ちが離れているサインは、ずばり「自分本位になる」ことなのです。

意見が対立したときに「こうしたいんだけど」と強気な発言が出やすくなるうえに、一切譲ろうとしなくなるでしょう。

さそり座(10/24~11/21)

執念深いと思えるほどに、好きな相手に一途に愛を注ぐのが、さそり座の男性の特徴です。

しかし、好意が薄れた相手には、過去の出来事を持ち出して「いつもそうだよね」「この間もそうだった」と責めることが増えるよう。

険悪な雰囲気になった際に、その悪化をなんとも思わなくなるのかも。

いて座(11/22~12/21)

いて座の男性は、好奇心旺盛なところがあり、思いついたら即行動ということが多そうです。

好きな人の前ではハイテンションで、レディファーストを欠かさないものですが、気持ちがなくなったなら話は別。

デートの約束をドタキャンして友達と遊んだり、LINEを未読無視したりといった行動が増えるみたい。

やぎ座(12/22~1/19)

「恋愛=結婚」という図式を持っていることが多い、やぎ座の男性。

好意が冷めると、当然将来を見据えた話題が出なくなります。

さらに、自分の身内や近しい友達と関わらせないようになるので、一緒にいるときに友達に遭遇して、サッと距離を離されたら要注意です。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の男性は、もともと誰に対しても同じように接するタイプなので、好意の薄れが言動から見抜きにくいはず。

とはいえ、手をつなぐなどの軽いスキンシップの減少が危険信号。

関係性が恋人から友達に戻っている可能性が高いと言えるでしょう。

うお座(2/19~3/20)

甘えたがりで寂しがり屋な傾向が強いのが、うお座の男性。

前は送っていたデート後が来なくなったり、LINEの既読スルーが多くなったりと、気持ちが冷めたサインは分かりやすいものが多いみたい。

連絡の頻度がガクッと落ちたなら、もう大切な存在と見なされていないのかもしれません。

サインが出ても慌てず改善を

彼のふるまいに気持ちが離れ始めたサインが見えても、焦って行動することは避けましょう。

相手の好意が冷めた理由を冷静に考えて改善すれば、関係修復も可能なはず。

決定的な溝が生まれる前に予兆を見つけるためにも、彼の言動を注意深く観察してくださいね。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】おひつじ座~おとめ座の男性が見せる彼女への愛情が薄れたサイン