デートする女性がおしゃれな人なら、当然男性はうれしく思い、もっと一緒にいたいと考えるもの。

しかし、相手の女性がおしゃれすぎると、考えが変わることもあるようなのです。

そこで今回は、ファッションセンス抜群なおしゃれすぎる女性に対する男性の本音を3種類ご紹介します。

魅力にもハードルにも?ずば抜けておしゃれな女性に対する男性の本音

隣に立つことに気後れする

「ものすごい美人の横に並ぶのって勇気要るじゃないですか。それと一緒で、あまりにもおしゃれのレべルが高いと、デートで一緒に歩くのもためらってしまいます」(26歳男性/Web関連)

「元カノは、部屋着まで『どこで買ったの?』と思うほどおしゃれでした。いつ見ても完璧な女性は、ちょっと隙がないって感じちゃうかな」(29歳男性/カフェ経営)

おしゃれへのこだわりの強い女性は、魅力的である反面、一緒に過ごすことを考えると気が引けるという男性は一定数います。

完成度の高さが近寄りがたい印象を生む可能性があるので、違う部分で親しみを感じさせるように「隙」を見せてみましょう。

尊敬の対象

「かなりおしゃれな子って、やっぱり他の子とはオーラが違う気がする。見ていて目立つし、かっこいい!」(27歳男性/デザイン事務所)

「センスが良い人って、どんなアイテムを合わせてもおしゃれに見えるんですよね。『おしゃれすぎる』って、もはやひとつの才能だと思う」(24歳男性/飲食店)

ずば抜けておしゃれな女性は、その他大勢に埋もれない絶対的なオーラとセンスを持っています。

そんな女性にあこがれを抱く男性は多く、尊敬の念を向けられることもあるかもしれません。

センスが磨かれるきっかけ

「彼女がめちゃくちゃおしゃれなので、会ったときにダサいと思われないか心配です。そのためか、僕自身前よりファッションに敏感になりました」(25歳男性/広告代理店)

「おしゃれな彼女と並んで、周りから釣り合わないと思われたら恥ずかしいので、めちゃめちゃファッションの勉強をしてます」(27歳男性/美容師)

アプローチしたい女性や付き合っている彼女がおしゃれすぎると、その横に立つ自分のセンスまで問われるように感じる男性もいます。

それで諦めてしまう人がいる一方で、女性の影響から自分もファッションを勉強するという場合もありますよ。

あこがれられる女性に

おしゃれすぎる女性は、よくも悪くも男性から一目置かれる存在です。

周りに優れたファッションセンスを備えた人がいるなら、自分の感性を磨くチャンス。

いい刺激をもらって、同性からも異性からもあこがれられる存在を目指しましょう。

(愛カツ編集部)