ある女性に好意を抱いたからと言って、すべての男性が最初からまっすぐにアプローチを仕掛けるわけではありません。

相手の好みや脈ありかを知りたくて探りを入れていることが察知できれば、それに効果的に応えることもできますよね。

そこで今回は、男性の星座別に、気になる女性への「恋の探り」の入れ方を占いました。

前編に引き続き、てんびん座(9/23~10/23)からうお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】男性の星座で分かる!本命の女性への「恋の探り」の入れ方

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の男性は、「いつから彼氏いないの?」「前の彼氏はどんな感じだった?」など、過去の恋愛について聞いてくるタイプ。

どんな付き合い方をすればいいか、あらかじめ知っておきたいのでしょう。

わざわざ深い話をする必要はなく、自分の恋愛観を伝える程度でOKですよ。

さそり座(10/24~11/21)

気になる女性のことは、その過去まで知っておきたいと思うのが、さそり座の男性の特徴です。

元カレがいるというだけで、すでに嫉妬心を抱えており、交際中の無用な嫉妬を避けるために、元カレへの気持ちを確かめようとするみたい。

きっぱりと「もうなんとも思ってない」と答えることをおすすめします。

いて座(11/22~12/21)

いて座の男性は、好意を抱くとすぐ行動に移す傾向が強いです。

「いいな」と思ったら即座に動き出すのですが、やっぱり相手の気持ちは気になるもの。

ひんぱんに目が合うということは、自分に気があるかを知ろうと、彼が視線を送っている証拠です。

やぎ座(12/22~1/19)

なにごとにも安定と安心感を求めがちな、やぎ座の男性。

「恋愛=結婚」という考え方が根強い人が多いようで、自分の結婚観を語り、反応を見ようとします。

すれ違いやすいお金の部分だけでも、真面目に答えると好印象を与えられるはず。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の男性が、「俺が〇〇したらどう思う?」という仮定の話をしたら、恋の探りを入れている可能性は高いでしょう。

恋愛の優先度が低めでほかのことに熱中しやすい彼は、自分にどの程度の自由を保証してくれるかを知りたいのかも。

彼の趣味への熱意や忙しさを受け入れる発言が、交際に近づくカギになりそうです。

うお座(2/19~3/20)

優しく親切だけど、寂しがり屋な一面を持つうお座の男性。

「週末は◯◯行ってきた」などとあなたが言ったときに、「へ~誰と?」「友達と行ったの?」なんて行動を共にした相手を知りたがるなら、彼が恋愛対象として意識しているサインです。

嫉妬させないように「大学時代の女友達と!」「家族で」と答えれば、安心してくれるでしょう。

チャンスを見極めて

気になる男性が自分に探りを入れていることが分かれば、効果的な返しで関係の進展を加速させられそうですよね。

逆に、彼のサインに気付けなければ、せっかくのチャンスを逃すことも考えられます。

恋愛対象として見始めた彼の視線をキャッチして、素敵な恋愛につなげましょう。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】おひつじ座~おとめ座の男性の本命の女性への「恋の探り」の入れ方