普段は姉御肌でも、大好きな彼には子猫のように甘えてしまう……という女性は少なくないかと思います。

甘えたり甘えられたりすることで、カップルならではのコミュニケーションをとることができますよね。

でもやっぱり、やりすぎはよくないみたい。

なんにでも「限度」というものがありますからね。

そこで今回は、彼女にされて思わず引いてしまった「甘え方」を男性に聞いてみましたよ。

マジないわ…男性が思わず引いてしまった【彼女の甘え方】4つ

「終電逃したから迎えにきて!」

「『終電無くなったから迎えにきて!』っていうのはきついですね。

夜道は危ないから迎えには行きますけど、『終電で帰ろうよ』とは内心思います」(27歳男性/商社)

家が近くて最寄り駅が同じという場合でも、次の日が仕事だと迎えに行くのはしんどいもの。

終電がなくなった場合、彼女を家に届けて自宅に帰ると1時をまわっているということもしばしば。

タクシーを利用した方が無難かもしれません。

「あれ買って!」とおねだり

「『あれ買って!』とかのおねだりは正直げんなりしますね。お財布と思われてるのかなって悲しくなります」(27歳男性/金融)

あまり高価なものを「買って!」とおねだりすると男性が引いてしまうようです。

でも、かわいいおねだりは例外みたい。

「『指輪が欲しい』って言われて値段を見たら100円だったんです。『かわいいな』って思いました」

といったように、安いもので満足してくれると逆に好感度アップするようですよ。

人前でキスをおねだり

「人前でキスするのはきついですね。あまり気にしない人っているじゃないですか。

元カノと付き合っていたときに『チューして』って言われたのは正直引きました」(29歳男性/コンサル)

人前でラブラブすることに抵抗のある男性もいます。

2人きりのときならいいですが、人目がある場所では避けた方が無難かも。

もしラブラブしたくなった場合は彼の耳元で「帰ったらチューして」と囁くくらいが丁度いいでしょう。

忙しいのに「構ってよ!」

「仕事が忙しいときに『構ってよ!』って言われるのはキツいですね。今は勘弁してって思います。自分のことしか考えてないのかな」(28歳男性/広告代理店)

残業続きでヘトヘトに疲れているという場合、彼女からのLINEに返信するのも億劫なんてこともあります。

忙しそうな時間帯や曜日は避け、寝る前などに「落ち着いたらデートいこう」という感じでLINEをする程度に留めておくとよさそうです。

大人は上手に甘えよう

彼女から甘えられるというのも男性にとってうれしいものですが、余裕がないときはそれが負担になってしまうこともあります。

いつもと変わらない甘え方でも、相手の状況次第では「キツい」ということに。

ここは分別ある大人の女性として、彼の様子を見ながら上手な甘え方を心がけてくださいね。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)