片思い中は、好きな人に振り向いてもらうためにいろんなアプローチをすることもありますよね。

しかし、ただアプローチすればいいというものでもありません。

なかには、嫌われたり距離が遠くなったりする、逆効果なものもあるようです。

そこで今回は、男性に「めんどくさい」と思われるアプローチをご紹介します。

逆効果の可能性大!男性に「めんどくさい」と思われるアプローチ

難しい質問をする

「俺が少しでもそっけない態度をとろうものなら、『私のこと嫌いなんですか?』と聞いてくるんです。

そう言われちゃうと『嫌いじゃない』としか答えられないし、個人的にはかなりめんどくさい」(29歳男性/書店員)

気になるからといって、回答に困る質問をしてしまうのはよくありません。

「私のことどう思ってる?」「私と付き合える?」「私のどこがだめ?」など、いきなり聞くのは避けましょう。

何度も告白する

「1週間で10回以上同じ子から告白されました。

何回断ってもしつこくて、本当に困りましたね」(25歳男性/ドライバー)

告白を断る側も、その度に罪悪感を抱くことが多いです。

それなのに何度も告白してしまうと、彼のストレスになってしまいます。

1度断られたら、時間を空けてから再度ゆっくり様子をみましょう。

ボディタッチが多い

ボディタッチが多い

「飲み会で、やたらと俺の腕や太ももを触ってくる子がいました。

『男はとりあえずこうすればいいんでしょ?』という考えが見え見えで、残念でした」(33歳男性/商社)

スキンシップが多いと、「軽い」と思われる原因になりかねません。

TPOをわきまえて「ここぞ!」というときにしてこそ、ボディタッチは効果的なのです。

彼女の悪口を言う

「会社の女性上司が、俺の彼女の悪口ばかり言ってたんですよ。

あとになって俺のことが好きだったらしいと聞いたんですけど、性格悪すぎて無理でしたね……」(27歳男性/IT)

彼女もちの彼にアプローチする場合、つい別れさせたくなってしまうかもしれません。

しかし、自分の好きな人の悪口を言ってくる人に好意を抱く可能性は低いと言えます。

アプローチするときは…

アプローチをする際は、彼の気持ちをよく考えることが大切。

「自分がこうしたい」とばかり考えていると、嫌われてしまう可能性が高いです。

片思いを実らせるために、慎重にアプローチしていきましょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)