気になる彼が自分のことをどう思っているのかって、気になりませんか?

直接聞くのは勇気が必要だし、聞かないとずっと分からないまま……。

そんなときは、彼とのLINEを見返してみるといいかもしれません。

今回は、男性が興味のない女性に送る「脈なしLINE」の特徴をご紹介します。

要チェック!男性が興味のない女性に送る「脈なしLINE」の特徴

自分からLINEしない

男性は、用事がない相手にはLINEを送らない傾向があります。

しかし、相手が好きな女性であったら、これといった用事がなくてもLINEを送ることが多いでしょう。

そういったことが一切なく、あなたからしかLINEを送ることがないのであれば、脈なしの可能性があります。

また、いつもあなたの言葉で会話が終わることが多い場合も、もっと話したいという気持ちがあまりない場合が。

すぐLINEを終わらせる

男性は、好きな女性とはずっと話していたいし、少しでも長くつながっていたいと思う傾向があります。

LINEで会話をしていて、男性にそういった気持ちが見られないのであれば、脈ありとは考えにくいです。

男性側から「じゃまた」と言われたり、スタンプの返事で終わらせたりするのが多いなら、会話を続ける気がないのかも。

そういうときは、無理に会話を引き伸ばそうとせずに次の機会を待ってみましょう。

相づちや返事だけ送る

相づちや返事だけ送る

相づちや聞かれたことへの返事しか送ってこない男性は、あなたとの会話に乗り気ではない可能性があります。

好きな人相手なら、会話を続けようと話を広げたりほかの話題を出したりするのが自然です。

「うん」「そうなんだ」だけなのは、頭を使わずに適当にLINEをしている場合が。

ただ、そもそもLINEが苦手でうまく会話できない男性も多いので、脈なしだと決めつけなくてもよさそうです。

いつも返信が遅い

毎回時間が経ってから返事をする男性は、遠回しに脈なしサインを出しているのかもしれません。

好きな女性からのLINEだったら、多くの男性は早く返事をしたいと思うはずです。

時間を置いてから返事をすることで、会話を避けたいと思っているのかもしれません。

忙しい時期はしょうがないですが、「いつも」であるならば脈なしの可能性が高いです。

脈なしサインに気づいたら…

脈なしサインに気づいても、落ちこんだり諦めたりする必要はありません。

これから彼に好きになってもらう方法はたくさんあります。

LINEだけではなく、直接会って話したらなにか変わるかもしれませんね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)