「嘘も方便」という言葉があります。

とくに好きな人なら「あ、ウソついてるな」と思っても、少しくらい見逃してあげた方がいいこともあるでしょう。

でも、「これは見過ごせない」というウソももちろんありますよね。

では男性がウソをついているとき、どんな言動が見られるのでしょうか?

そこで今回は、男性の星座別に「ウソをついているサイン」を占ってみましたよ。

まずは前編として、おひつじ座からおとめ座までの発表です!

星座で判明!男性がウソをついているときのサイン【前編】

おひつじ座(3/21~4/19)の男性

【違和感バリバリの態度でバレバレに】

おひつじ座の男性は、隠しごとができないタイプ。

ウソをついたら、目が泳ぐとか、不自然な笑いをしてるとか、違和感バリバリ状態になります。

そもそも、そのウソ自体が矛盾だらけだったりするので、聞いた途端に「あれ?なにこれウソ?」と思うはずです。

おうし座(4/20~5/20)の男性

【輪をかけて無口になる】

気持ちが顔に出ないタイプのおうし座の男性。

彼のウソを見破るのはちょっとたいへんです。

バレないようにつじつまをじっくり考えたうえでウソを言うことが多いので、とってもわかりにくいのです。

いつもより輪をかけて無口になっていたら、それがサインでしょう。

ふたご座(5/21~6/21)の男性

【カタカナや専門用語を多用する】

いつもはテンションが上がるような、面白かったり珍しかったりするネタを話題にするふたご座男性。

ウソも巧妙で、あなたが知らないことを織り交ぜながら、もっともらしく話します。

いつにも増してカタカナや専門用語が多かったら、ウソの可能性大です。

かに座(6/22~7/22)の男性

【やたら申し訳なさそうにする】

優しい性格のかに座の男性は、「ウソをつくことは悪いこと」と思っている節があります。

仕方なくウソをついているので罪悪感がハンパなく、それはそれは申し訳なさそうなオーラが出ていたら、それがサイン。

さらにウソの後、上の空だったり焦ったりしていたら、それもサインです。

しし座(7/23~8/22)の男性

【そもそも話を盛りがちだけど……】

しし座の男性は見栄っ張りで、話を盛ることが多いタイプ。

さらに、真剣な話でも、自分に都合のいいように思いこんで話す傾向があります。

つまり、小さなウソや思い込みのウソはしょっちゅう。

思い入れたっぷりに話すのは、半分ウソのサインだと思ってOK。

おとめ座(8/23~9/22)の男性

【焦りや一生懸命さが出る】

潔癖なところがあるおとめ座の男性。

ウソをつくのは、もちろん好きではありません。

それでもウソをつくときは、焦りや一生懸命さがどうしても出てしまうでしょう。

手をグッと握っているとか、貧乏ゆすりをしているとか、やたら髪を触るとか……。

けっこうわかりやすいです。

ウソつきサインを見逃さないで!

いかがでしたか?

嘘も方便とは言うけれど、ちょっとしたウソが、どんどん大きくなって取り返しのつかないことになることもあります。

このウソだけはどうしても見過ごせない!というときは、落ち着いて話し合ってくださいね。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)

星座で判明!男性がウソをついているときのサイン【後編】