人は誰でもウソをつくものです。

「あ、ウソついてるな」と思っても、かわいいウソなら見逃してあげた方がいいこともあるでしょう。

でも、「これは見過ごせない」というウソもありますよね。

では男性がウソをついているとき、どんな言動がみられるのでしょうか?

そこで今回は、男性の星座別に「ウソをついているサイン」を占ってみました。

前編に引きつづき、てんびん座からうお座までの発表です!

星座で判明!男性がウソをついているときのサイン【後編】

てんびん座(9/23~10/23)の男性

【目の奥が全然笑っていない】

「天性のウソつき」と言ったら、てんびん座の男性です。

まったく悪気を感じさせず、人間関係を円滑にするためだけのウソをさらっとつくのです。

「え、ウソだったの?」とビックリしてしまうかもしれません。

サインはほぼないですが、あえて言うなら、目の奥が笑っていないことです。

さそり座(10/24~11/21)の男性

【わかりやすく動揺してしまう】

さそり座の男性は用心深いので、自分を守るためにウソをつきます。

しかもポーカーフェイスで、ウソをつくときの動揺を読み取るのは困難。

ボロが出ないように、余計なことを話さない様子がサインでしょう。

心を開いた相手へのウソには動揺が伴うので、わかりやすいです。

いて座(11/22~12/21)の男性

【話の内容に矛盾点が多い】

いて座の男性は欲望に忠実。ウソは欲望を満たすための手段のひとつです。

しかも、そう悪いことでもないという意識があり、とっても自然にウソをつきます。

ウソのサインを見つけるのは難しいですが、ノリで言っていることもよくあるので、矛盾は多いでしょう。

やぎ座(12/22~1/19)の男性

【バレそうになったら話を逸らす】

用意周到にして計画的なやぎ座の男性。

ウソを言うなら徹底して準備しているので、言われた方は気づかないことも多いでしょう。

バレてもそう問題にならない小さなウソのときは、「この話はもうおしまい」と、バレる前に強制終了か話を逸らすはずです。

みずがめ座(1/20~2/18)の男性

【妙に落ち着きがなくなる】

みずがめ座の男性は、言いたいことを自由に話すタイプなので、ウソがあまり得意ではありません。

ウソを言っているときは、自分で自分のウソを紛らわそうとします。

話しながらスマホをいじったり、時間を気にしたりと、落ち着きのない様子を見せるのがサイン。

うお座(2/19~3/20)の男性

【わかりやすく表情に出る】

子供のように無邪気にウソをつくのが、うお座の男性。

嫌われるのが怖いとか、怒られるのがわかっているときなど、その場しのぎのウソをつきがちです。

ウソのサインも何も、大人ならわかるような稚拙なウソ。

本人は必死なので、顔を見ればわかるでしょう。

ウソつきサインを見逃さないで!

いかがでしたか?

嘘も方便とは言うけれど、ちょっとしたウソが、どんどん大きくなって取り返しのつかないことになることもあります。

このウソだけはどうしても見過ごせない!というときは、落ち着いて話し合ってくださいね。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】おひつじ座~おとめ座の男性がウソをついているときのサイン