自分にとってはなにげない言動でも、男性目線では「依存されている」「束縛されている」と思うふるまいがあるのだとか。

彼の中の「重い」という印象が度を超せば、別れを考えるきっかけになる可能性もあります。

そこで今回は、男性から見て、恋愛への依存度が高いと感じる女性の言動を3つご紹介します。

じつはストレスかも…男性が思う「恋愛に依存している」女性によく見られる3つのふるまい

予定を詳細まで知りたがる

「いまの彼女が、僕のタイムスケジュールを把握しないと気が済まないタイプなんですよね。
そんなに知ってどうするの?って思うし、支配されている感じでちょっと怖いときもあります」(27歳男性/銀行員)

「帰る時間とか飲み会の参加メンバーとか、予定を事細かに聞かれるとしんどいなって思う」(25歳男性/美容師)

彼氏がいまどこで誰となにをしているのか、気になってしまうのも分かります。

でも、事前に詳細を知ろうとすると、問い詰められている印象を受けたり、束縛されているように感じたりする男性は少なくないはずです。

まずは彼のことを信頼して、それでも気になるなら「女の子がいる飲み会はどうしても不安なの……」と打ち明けるのがおすすめ。

彼氏の友達に会おうとする

「デートのとき、やたらと『○○君の友達も誘って』っていう子は、依存度が高めなのかなって思います。
そうやって外堀から固められるんだろうなあ……って」(25歳男性/インストラクター)

彼氏の友達と積極的に関わろうとする姿勢は、友達付き合いを大事にする男性からは喜ばれるかもしれませんが、逃がさないための一手と思う人もいます。

外堀を埋められているかもという不安や誤解を生まないためにも、2人きりの時間を作る方がいいでしょう。

とはいえ、BBQや海水浴といった、大勢の方が楽しめそうなイベントには、彼の友達を誘っても問題ないですよ。

洋服を買いに行くのも彼氏と一緒

「洋服を買うときも俺と一緒に出かけるから、『レディース服なら女友達に聞いたほうがよくない?』っていつも思います。
それに、友達と会う時間を削ってまで自分と会っていると思うと、勝手にウンザリしちゃうんですよね」(25歳男性/建設)

ショッピングの内容によっては、彼氏よりも女友達の意見の方が参考になる場合があります。

当然付き合わされる男性も感じることなので、いつも自分と出かけてばかりでは、恋愛の優先度が高すぎると思われがちに。

そしてそれが、彼の脳内では自分への依存度の高さと結びつき、ネガティブな印象を強めやすくなってしまうよう。

彼氏との時間を楽しむことは大切ですが、友達との時間もおろそかにしないようにしましょう。

無理なく関われる距離を保って

彼氏との良好な関係を保つためには、ちょうどいい距離感と、それを維持するための信頼がポイントになります。

一緒にいる時間を心地よく思ってもらえるように、お互いが無理なく過ごせる距離を見つけてくださいね。

そうすれば、ラブラブな関係が長続きするはずですよ。

(リリー/ライター)

(愛カツ編集部)