てっきり独身だと思って付き合っていたら、じつは既婚者だった……なんて経験のある女性もいると思います。

とはいえ、自分がいつの間にか不倫関係になっていたと気づけるポイントが、相手の男性の言動に隠れていることもあるのです。

そこで今回は、知らずに不倫していた女性の経験談から、既婚の男性が送りやすいLINEを3つご紹介します。

独身だと思っていたのに…既婚の男性が不倫相手に送るLINEの3つの特徴

女性からの連絡は阻止

「合コンで知り合った人なんですけど、LINEの最後は絶対に『またこっちから連絡するね』でした。あれって『自分の都合のいい時に連絡するから、お前からはしてくるな』という意味だったんですよね。

そりゃあそうですよね、奥さんといるときに私から連絡が来たら、まずいですもんね」(25歳女性/看護師)

当たり前のことですが、家族と過ごしている時間にLINEをチェックするのは難しいはず。

かといって、「夜〇時から朝〇時までは連絡してこないで」というのは怪しすぎますよね。

そんな既婚男性の悩みを解消できるのが「こっちから連絡するね」であり、あなたが「今晩連絡していい?」と聞いて流されるなら、限りなくクロに近いかも。

わざわざ強調する

「事あるごとに『君のことが一番好き』『一番大切なのは君だよ』とLINEくれていたので、てっきり私一筋だと思っていたのに……本当は奥さんと子どもが3人いたんですよね。

『一番』って何度も言ってたのは、そういうことだったんでしょうか」(27歳女性/IT関係)

既婚の男性は、不倫相手に愛の言葉をかけるとき、無意識のうちに自分の妻と比較して発言するよう。

好きな人の言葉を疑うのは辛いことですが、「一番」を強調するということは、「二番目」がいる可能性があるということでしょう。

予定を聞くとはぐらかされてばかり

予定を聞くとはぐらかされてばかり

「行きつけのバーで声をかけられてそのまま付き合うことになったけど、とにかくデートの予定が組めない。『今度いつ会える?』っていくらLINEしても『ちょっと予定がまだ分からないから、分かったら伝えるよ』ばかり。

そうこうしているうちに、そのバーのバーテンダーに『彼、結婚してるよ』って教えられました」(26歳女性/会社員)

多忙な職業の男性もいますが、それでも予定が全く分からない状態が長期的に続くというのは不自然ですよね。

本当に真剣な交際をしているなら、少しでも時間を作ろうとしてくれるもの。

LINEでデートの約束をしようとしても「予定が分からない」とはぐらかす男性は、家族の目を盗んで出かけるのに苦戦している可能性があるので要注意。

引っかかる部分が必ずある

既婚者であることを隠そうとしても、不自然な言動を全て隠し切ることは不可能です。

違和感を覚えたら、遠慮せずに追求することが、自分の幸せにつながるはずですよ。

知らずに不倫関係になってしまったからこそ、おかしいと思ったらすぐに行動しましょう。

(愛カツ編集部)