気になる男性が恋愛において、どんなふるまいをすることが多いのか、気になる女性は多いでしょう。

性格の傾向を知っておけば、関係性を深めるうえで有利に立ち回れそうですよね。

そこで今回は、男性の星座別に、好意を抱いた女性への接し方を占いました。

前編に引き続き、てんびん座(9/23~10/23)からうお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】男性の星座別!恋した女性への接し方の傾向は…

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の男性は、束縛や依存される恋愛を苦手としており、ある程度の自由を保証してくれる女性を恋人に選ぶ傾向にあります。

ただ、周りが思う以上の結婚願望を抱いていることもあるため、「この女性だ」と感じたら比較的早い段階でプロポーズするよう。

意外と、運命の愛を大切にするタイプかもしれません。

さそり座(10/24~11/21)

人間関係に慎重で、心を開くまでに時間がかかりがちなのが、さそり座の男性。

その反面、一度打ち解けた相手への気持ちは、そう簡単には薄れません。

独占欲も強めで、束縛と思えるくらいの愛情を一途に注ぐことでしょう。

いて座(11/22~12/21)

いて座の男性は、自由奔放な性格と行動力の高さが特徴です。

気になった女性には積極的にアプローチをかける、ラブハンターな一面もありますが、なによりも自由を大事にするみたい。

自分が束縛されたくないのだから、相手の女性も自由でいいと考え、必要以上にべったりすることはなさそうです。

やぎ座(12/22~1/19)

なにごとにも現実的な視点で対処し、恋愛においても自分の気持ちをなかなか打ち明けない、やぎ座の男性。

だからこそ、彼が抱く「この人だ」という思いは最終決定に近く、「交際=結婚」と考えている人が多いよう。

落ち着きがあって、共同生活に心配がなく、一緒にいると安心できる女性と相性がいいかも。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の男性は、付き合い始めてからも自由気ままに過ごしたがるでしょう。

恋人だからとベタベタしたり、ひっきりなしに連絡を取り合ったりするようなことは、まずありません。

男友達のように気楽に話せて、さっぱりした関係を続けられる女性をパートナーにしたいと思うタイプです。

うお座(2/19~3/20)

運命的な出会いを求めがちで、ロマンチストなところがある、うお座の男性。

恋した相手には、いつでも「この人は運命の相手!一生一緒にいたい!」と考えるそうで、交際が始まると張り切って女性に尽くすでしょう。

彼女を手放したくないという気持ちが、表に出やすいようですね。

型にはめきらず相手を観察して

気になる男性の性格の傾向を知っておくことは、恋愛を有利に進めるうえで重要なことの一つと言えます。

とはいえ、事前に知った型を当てはめるだけでは、上手くいくとは限りません。

目の前の彼本人をよく見て、思いやる気持ちを示すことで、あなたに振り向いてくれるはずですよ。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)