気になる男性との仲を深めたくても、分かりやすいアピールは避けたいですよね。

好意がバレないように女性として意識してもらうためには、「さりげなさ」がポイントです。

そこで今回は、男性に好意を匂わせる方法を3つご紹介します。

さりげない言葉で心をつかんで!男性に好意を匂わせる3つの方法

ストレートなリアクション

「旅行のお土産を職場で配っていると『いいな~私のは?』って同期の女性が来たんです。

そのときに旅行の話をしたら『私も行きたい!』って反応してて。もしかして僕と旅行したいの?と期待してしまいました」(30歳男性/保険会社)

「○○したい!」「○○ほしい!」という素直な反応は、会話の流れで自然に言うことができますが、遠回しに「あなたと」という思いを伝える効果があるみたい。

単なる雑談相手ではなく、思い出話を聞かせてもらえるくらいに親しくなったら、「今度一緒に行きたい!」と大胆に誘ってみるのもアリです。

ストレートな反応に、彼もついドキッとしてしまうはずですよ。

あいさつや雑談をひんぱんに

「出社したら、先輩が手を振りながら『○○おはよ~!』とあいさつしてくれて、そのときもちょっとした会話をしたんですよね。

本当にそれだけなんですけど、目が合うといつでもあいさつや会話をしてくれるので、俺に気があるのかな?って期待しちゃいました」(24歳男性/会社員)

なにげないあいさつや日常会話の中に、「あなたと話したい」という気持ちが込められていると、それを感じた男性も相手のことを意識してしまうよう。

気になる彼だけにこのような態度を見せ、特別感を与えることができれば、彼もあなたのことが気になって仕方なくなるかも。

親しい女性について探る

「大学のサークルに入ってきた1年生の子がすごいフレンドリーで、すぐに仲良くなったんです。

そしたら女の先輩が、『○○さんってどんな子?』『彼氏いるの?』と探りを入れてきて。つい俺に興味あるのかと思っちゃいました」(20歳男性/学生)

単なる好奇心とも、男性に好意があるからライバルの出現を気にしているとも取れる言動でしょう。

好意がバレる可能性がある分、気になる彼をドキッとさせる力も強いはずです。

好意を感じさせて

自分に向けられた好意に、予想以上に鈍感な男性もいます。

「これって、もう告白みたいなものじゃん」と思えるような言動が、大きな効果を生む可能性もあるのです。

気になる男性のタイプを見極めながら、好意を匂わせてみましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)