付き合ってすぐの頃はラブラブだったのに、時間とともに気持ちが冷めてしまうというのは、珍しい話ではないでしょう。

じつはカップルの愛情の冷め方には、愛情表現の仕方や頻度も関係しているのです。

そこで今回は、愛情表現を欠かさない男性の、パートナーとしての魅力をご紹介します。

パートナーに最適!愛情表現を欠かさない男性の魅力的なポイント

目に見える好意の表現を継続してくれる

「付き合いたての頃よりも愛情表現が減りました。彼はもう、私に気持ちがないってことですか?」といった悩みを聞くことは少なくないと思います。

でも実際は、男性は心の中で彼女のことが好きなままだけれど、それを形にすることが続かなくなっただけというケースは多いです。

愛情表現の仕方も様々で、キスやボディタッチと言ったスキンシップもあれば、毎日連絡を取ったり、週に1回一緒に過ごしたりすることも愛情表現の一部でしょう。

とはいえ、愛情表現の形によって、適切な頻度というものも変わってきます。

言葉で好意を伝えようと思うなら、毎日続けることが大切でしょうし、途中で止まると女性を不安にさせる原因にもなります。

だからこそ、「かわいいよね」「好きだよ」などの言葉をかけてくれたら、愛されているという実感が得られますよね。

女性の自分磨きのきっかけになる

彼氏が愛情表現を欠かさないと、自分が女性として見られているという意識がつねに生まれるはず。

それは、ある意味いい緊張感となって、自分磨きにつながるのではないでしょうか。

結婚して子どもができてから愛情表現が減るというのは、妻から母へと関係性が変わり、力を注ぐ先が変わったからかもしれません。

だからこそ、自分の緩みを止めてくれるブレーキとしても、愛情表現を続けてくれる男性は貴重な存在なのですよ。

自分に自信がある

愛情表現を恥ずかしがらずにできる男性というのは、一言で言うとナルシスト気質であることが多いです。

自分に自信があるから、他人からどう見られるかにこだわらず、「かわいいね」「好き」といったフレーズをさらっと言えてしまうよう。

とはいえ、度を超したナルシスト気質の男性と付き合っていくのも、決して簡単ではないので、適度に自信のあるタイプを見極めることが大切かも。

継続がなによりも大事

継続的に愛情表現ができる男性を選ぶことは、女性としていつまでも若々しく、魅力的であることにつながるのです。

第一印象で「なんか、自分に自信ありそう?」と感じたら、ちょっとアプローチをかけてみてもいいかも。

ただし、女性へのほめ言葉は積極的という点では、遊び人の男性も当てはまるので、誠実な関係を築いてくれるのか、慎重に見抜いてくださいね。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)