やっと好きだった彼と付き合えたのに、突然「別れよう」と切り出されたら……。

もうショックすぎますよね。なんで?どうして?とパニックになるでしょう。

温厚だった彼が急にそんな決断をしたのには、どんな理由があるのでしょうか。

そこで今回は、男性が別れを考え始める「内心ウンザリした」女性の言動をご紹介します。

マジ冷める…男性が【内心ウンザリしている】女性の言動3つ

連絡できなかっただけで怒る

「彼女から『仕事中でもLINEくらい見れるでしょ?』ってよく怒られるんですよね。

正直そんなヒマないし、そこまで連絡を強要されると正直めんどうだなって思っちゃう……」(29歳男性/営業)

連絡の頻度については、どのカップルも一度はぶち当たる問題ではないでしょうか。

女性のなかには、連絡の頻度=愛情の大きさと捉える人もいます。

たしかに、その心理なら返信が来ないと不安が募るのも納得できますよね。

そんなときは彼が返信しやすい時間帯を把握しておき、やり取りをその時間に集中させるのがオススメです。

そうすれば、お互いにとってストレスなく連絡が取れるでしょう。

細かいことをグチグチ…

「元カノは、『定食屋のくせに料理が出てくるのが遅い』とか『空調が寒かった』とか、細かいことを全部俺にグチってくる。

そんな細かく言われたら、もうどこにも連れていけないよ……」(27歳男性/印刷)

全体的に見たら楽しいデートでも、どうしても細かいところが気になる女性もいます。

でもその不満を、心を許している彼に延々と話してしまってはダメ。

そういうグチって、話しているほうはスッキリしますが、聞いているほうはグッタリしてしまいますからね。

小さな不満も、楽しかった思い出で塗り替えていけるとベターです。

無理なワガママで困らせる

「彼女が深夜に『私のことが好きなら、いますぐ会いに来て!』と電話で泣きくずれたことがあったんです。

行ってあげたいけど、明日も仕事あるし……と思ってかなり困った」(31歳男性/公務員)

無性に不安になって、いますぐ彼と会いたくなるタイミングもあるでしょう。

しかしあまり無理なワガママが続くと、彼もウンザリしてしまうようですよ。

もしそのような発言で、彼の愛情を試そうとしているならNGです。

相手を試すようなことがつづくと、少しずつ2人の間に亀裂が入り始め、やがて修復できなくなってしまうでしょう。

小さな不満が積もり積もって…

はじめは小さな不満だったものが、何度も繰り返されるうち、彼のなかで大きなストレスになっていくんですね。

付き合いが安定するにつれて「これぐらい、いっか」という甘えが出てくるものですが、気のゆるみが別れに繋がる可能性も。

とくに、今回ご紹介したポイントには気を付けておきましょうね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)