彼氏はできるのに、すぐに別れてばかりで長続きした経験がないという女性もいると思います。

しかも、この場合は「なにが原因かよく分からない」という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、男性の好意が冷めやすい女性の特徴を3つご紹介します。

彼氏はできるのに…男性の好意が冷めやすい女性の3つの特徴

過去のトラウマを打ち明ける

仲が深まって、次第にお互いのことを包み隠さず話すようになることは、決して悪いことではありません。

むしろ、そこから愛が深まっていくことは多いはず。

ただし、ここで打ち明ける話の内容次第では、男性が距離を取りたくなるのもあるのです。

過去の彼氏にひどい目に合った経験、複雑な家庭環境、いじめられていたエピソードといった、トラウマ的な話がその代表。

共感してほしい女性と、寄り添いたい男性の、それぞれの気持ちに嘘偽りはありません。

しかし、あまりに重たい話をするなら、断っておかないと与えるショックが大きくなってしまうでしょう。

男性の好意にすぐ応える

男性に好かれるタイプと、大事にされるタイプというのは、必ずしも一致しません。

その一例として、男性に求められるとすぐに応えてしまい、アプローチを受けると簡単に乗るような女性は、遊び相手として好まれることはあっても、長く大切にしたい存在にはなりにくいでしょう。

また、自分にすぐ落ちた女性を見て、「ほかの男にも同じくらい簡単に落ちるんじゃないか」という不安を感じる男性もいるのです。

長く愛されたければ、自分を安売りすることなく、自分の中に芯を持つことが大事ですよ。

愛情表現として尽くしすぎる

彼氏に好かれようと尽くす女性もいると思いますが、自分が追いかける恋を好む男性は多いのです。

付き合いたての頃はよくても、アレコレ世話を焼きたがる女性に「重い」と感じ始める可能性は低くありません。

しかし、愛情表現の方法として、尽くしたくて仕方がないという人もいると思います。

そこでおすすめしたいのが、尽くした分の見返りをもらうということ。

これにより、2人の付き合いにおけるバランスを保て、男性も尽くされすぎた感覚や申し訳なさを覚えることも少なくなるはずです。

気持ちの伝え方を考えて

彼氏への愛情表現や仲を深めたことの証が裏目に出て、別れを近づける可能性もあるのです。

なにごとも、タイミングと程度が重要ということ。

愛されつづける女性になるためには、相手が受け取りやすい気持ちの示し方を意識しましょう。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)