好きな人には、「会いたい」と思っていても、なかなか素直に伝えられないもの。

じつは、それは男性も同じで、そんな気持ちがLINEにあふれてしまうこともあるのです。

そこで今回は、男性の星座別に、LINEに隠れた「会いたい」のサインを占いました。

まずは前編として、おひつじ座(3月21日~4月19日)からおとめ座(8月23日~9月22日)をご紹介します。

【前編】男性の星座で占う!LINEに隠れた「会いたい」のサイン

おひつじ座(3月21日~4月19日)

おひつじ座の男性は、自分の情熱をストレートに表現するタイプで、会いたくなると素直に「会いたい」とLINEしてくるでしょう。

とくにデートの後、デートの余韻を味わいながら帰宅して落ち着いた頃、「会いたーい!次いつ会える?」と気持ちが盛り上がって送ってくることもあるかも。

遠回しなアプローチはしてこないので、メッセージに「それってどういう意味?」と悩むことは少ないと言えます。

おうし座(4月20日~5月20日)

「なにしてるの?」「忙しいの?」「最近どう?」といった控えめな探りを入れがちなのが、おうし座の男性。

「本当に忙しかったら会えなくてもしょうがない」と考えながらも、本心では強烈に会いたいと思っている可能性があります。

ちょっと遠慮していて、自分から予定を決めようすることは少ないので、「平日は忙しいけど週末は空いてるよ。ごはん行かない?」など、具体的に進めてあげてみてください。

ふたご座(5月21日~6月21日)

ふたご座の男性は、アクティブで新しい体験を求めるところがあります。

「〇〇のイベント、面白そうだよ。□日までだって」と、開催中のイベントの情報を送ってきたら、「一緒に行きたいなぁ」と思っている証拠と言えそう。

自分自身が強く関心を持っている場合もありますが、わざわざ誘うということは、会いたい気持ちもきちんとあるということ。

かに座(6月22日~7月22日)

誰にでも優しく、好きな相手にはとくに思いやる気持ちが強くなりやすいのが、かに座の男性。

「最近忙しそうだね」という気遣いの言葉から始まって、「前会ったのってもう〇ヶ月前か……」なんて言ってくるなら、遠回しに「会いたい」のサインを送っているのでしょう。

あなたから「そうだね、会おうよ」と返せば、安心して乗ってくるはずです。

しし座(7月23日~8月22日)

しし座の男性は、下手に出るように「会えないかな」とは言わない傾向にあります。

女性が過去に興味を持ったことを「そういえば、〇〇したいって言ってたよね?」とLINEしてきたら、積極的な誘いと受け取っていいかも。

「お前のために動いてやるぜ」と亭主関白を気取り、照れ隠しをする一面もありそうですね。

おとめ座(8月23日~9月22日)

「ちょっと、仕事で色々あって」「風邪ひいて寝込んでて、やっと復活した」などの言い訳じみたLINEを送りがちなのが、おとめ座の男性。

聞いてもいない不幸気味なメッセージは、「愚痴を聞いてほしい」という気持ちの表れかも。

とはいえ、一応遠慮はするので、言い訳っぽい文章が先行するのでしょう。

LINEに表れた気持ちを読み取って

好きな男性とLINEをしている時間は、それだけで幸せに感じるもの。

自分が楽しんでいるときに、彼がどう思っているのかを深く知れたら、2人の距離をもっと縮められそうですよね。

彼の気持ちの表れを察知して、素敵な関係を築きましょう。

(馴紫月/占い師)

(愛カツ編集部)

●【後編】男性の星座で占う!LINEに隠れた「会いたい」のサイン