いい感じだと思っていたのに、なぜか彼からLINEがこなくなってしまった……そんな経験はありませんか?

文面のやり取りだからこそ自分の思いやよさが伝わらず、そのまま関係が終わってしまうこともあるみたい。

そこで今回は、男性に「この子とLINEはもういや……」と思われ、フェードアウトされてしまうLINEについてご紹介します。

NG認定!男性に「この子はもういいかな」と思われてしまうLINE

やりとりが止まる返信しかこない

「こっちが長めのLINEを送っても、『そうなんですね~』『知りませんでした!』などの一言しか返ってこなかったとき。

つまらないので既読スルーしました。

それに、もうどうやって会話を続けていいのかもわからなかったです」(27歳男性/公務員)

面と向かってであれば、「なるほど」「そうなんですね!」などの相槌は、しっかり相手の話を聞いている印象を与えます。

しかしLINEで相槌のみを送ってしまうと、「返信が面倒くさいのかな……」「つづける気あるのかな?」と思われてしまう可能性も。

「そうなんですね!」のあとに一言「つまり〇〇ってことですか?」と、疑問文を入れるだけでも相手への興味を示すことができますよ。

アプローチしてもそっけない

「『今度遊ぼうよ』と言ったら、急に返事が遅くなったとき。

たまたまかもしれないけれど、本当は俺に興味がなかったのかなって思った。

『あ、ダラダラLINEしてるだけの関係でいいのかな』とすらも思ったなぁ」(25歳男性/営業)

男性もデートのお誘いはかなり勇気が要るときもあるようです。

そのため「早く返信来ないかな……」「OKしてくれるだろうか」など、さまざまな不安を抱えて返事を待っている可能性もあるでしょう。

なのに適当に流されたり、「時間ができたら行くね」と曖昧な表現をされたりすると、「俺ってナシなんだ」とガッカリしちゃいます。

彼が気になるのであれば、すぐに返信してあげるのがいいかもしれません。

予定がわからない場合でも「予定わかったらすぐに教えるね!」など喜ぶだけでもOKですよ。

スタンプだけの返事は冷める!

スタンプだけの返事は冷める!

「かわいいスタンプは女の子らしいと思うんだけれど、それが毎回となると冷める。

別に相手してくれる男なら誰でもいいんだろうなって勘ぐっちゃいます。

それに、『他にもLINEする男がいるから、忙しいのかな?』って思っちゃう」(29歳男性/接客)

これもダメとはわかっていながらも、忙しいときについやっているときもあるかもしれません。

会話を丸投げされているようで、少し「雑に扱われいる気分」になるときもあるみたい。

勢いでスタンプを送るくらいだったら、一晩寝かせて会話のネタを考えたほうがいいでしょう。

受け身すぎは冷められる原因に!

受け身すぎるLINEは、勝手に「俺に興味がないんだろう」「俺ってナシなのかな?」と勘違いされてしまう可能性が。

いつの時代だって好きな人にはやや長文で絵文字を使うなど、ベタなアプローチ方法が一番わかりやすいのかもしれませんね。

あなたと彼、双方にとって快適なLINEの方法が見つかりますように!

(和/ライター)

(愛カツ編集部)