「年をとったら女性はモテない」と思っていませんか?

もちろん「若さ」で張り合おうとすると、若い女性には適わないかもしれません。

でも、年々モテなくなってきたと感じている人は、年齢に合った魅力を引き出せていないだけというケースも。

そこで今回は、魅力を引き出すために「オトナの恋愛」で心がけることをご紹介します!

年上の魅力たっぷり♡「大人の恋愛」で心がけるべき3箇条!

彼の気持ちを受け入れること

相手に気に入られるように、自分を偽ってすり寄るのは「媚びる」。

そして、相手のことを大きな心で受け入れるのは「受容する」。

両者はまったくもって違います。

たとえば、彼が「映画はアクションものが好き」と言った場合。

本当はたいして興味がないのに、「私も好き!」と合わせるのは「媚びる」です。

一方で、「私はあまり見ないな。どんなところがいいの?」と、否定も肯定もせず、彼の意見を深めるような返しは「受容」なんですね。

「媚び」は自分を変えて彼に合わせますが、「受容」はどんな彼であってもあなたが「変わらないでいること」ですよ。

相手に合わせすぎない

彼の好みや趣味趣向に合わせて「あなた色に染まる」というのが「魅力」になるのは、若い女性の特権かもしれません。

まだまだ世間知らずで、「俺がすべてを教えてあげたい」と思うからこそ成立するのかも……。

ところが大人になっても、「彼の思うまま」になってしまうと、頼りなさや責任感の無さが目立ってしまいます。

そして、単になんでも言うことを聞く「都合のいい女」の出来上がり……。

年齢を重ねた分、知識の豊富さや経験はむしろ武器。

イヤなものは「イヤ」、無理なものは「無理」と線引きできることが大切ですよ。

相手に配慮しながら考えを伝える

意見を「言う」だけなら若い子もできます。

でも、大人になったら「伝える」ことを意識してみましょう。

どう言えば相手が聞き入れやすいとか、どんな言い方だと伝わりやすいかにまで配慮できれば、よりいい女になれるはず。

たとえば、彼の提案にただ「イヤ」と言うのではありません。

「そっちだと高いから、こっちはどう?」と、理由を述べたうえで代替案を出すと、彼も受け入れやすくなるでしょう。

自分の意見を相手に伝えるための工夫はいろいろあります。

「相手を否定するメッセージになっていないかどうか」というポイントで考えてみるといいかもしれません。

年齢を重ねた分だけ魅力も増す

もちろん、「若さ」はかけがえのない魅力です。

でも年を重ねれば、経験を重ねた分だけ、より多くの魅力を身に着けているはず。

「年齢相応に生きる」というのは、「無理をしていない」ということ。

ぜひこのあたりで、余裕のある大人な恋愛にシフトチェンジしてみてはいかがでしょう?

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)