恋愛の優先順位が高く、恋をすることが大好きで、むしろ恋をしていないと落ち着かない、そんな人を「恋愛体質」な人と呼ぶことがあります。

いわば「恋多き」人ということなのですが、じつは自分が気づいていないだけで、恋愛への強いこだわりを秘めているということもあるのです。

そこで今回は、女性の星座別に、隠れている恋愛体質の特徴を占いました。

前編に引き続き、今回はてんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】星座で占う!あなたが秘めている恋愛体質の特徴は…

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の女性は、人間関係のバランスをとることに長けているタイプ。

絶妙な距離を保ちながら、多くの人と楽しく会話し、その付き合いの中で、本当に愛せる相手を探すのだとか。

浅めの会話でつながりを広げ、出会いを求めることが、自分でも気づいていない隠れた恋愛体質かも。

さそり座(10/24~11/21)

好意を抱いた男性に、深い愛情を一途に注ぐ、さそり座の女性。

ときにその愛が、彼の周りにいる女性に対する嫉妬という形で表に出てくることもあるようです。

そして、この激しい愛に自分も振り回されてしまうかもしれません。

いて座(11/22~12/21)

いて座の女性は、自由を好むところがあり、いつでも恋愛のことを考えているわけではありません。

しかし、一度恋のスイッチが入ったいて座女性は、ハンターのように狙った男性へ一気にアプローチをかけるみたい。

色っぽく甘えてみたり、かわいくおねだりしてみたりと、アピールは結構分かりやすいものが多そうですね。

やぎ座(12/22~1/19)

恋愛について真面目に考えがちで、気になる男性のちょっとした態度や言葉を深読みする傾向にある、やぎ座の女性。

一度感じたモヤモヤを回避したくて、「こういう態度をされないためにはどうしたらいいか」がいつも頭の片隅にあるのでしょう。

彼に嫌われないことを第一に考えることが、恋愛スタイルの特徴と言えます。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の女性は、情報収集を怠らないタイプで、日頃から自分の体の一部のようにスマホを扱っている人も多いと思います。

暇さえあれば、SNSで彼の動向とチェックしたり、仕事の業界について調べてみたり。

なんとなく、気になる相手に関係することに触れてしまうよう。

うお座(2/19~3/20)

自分の強烈な恋愛体質を自覚していて、隠れた部分が少ない人がとくに多いのが、うお座の女性。

恋人、もしくは片思いの相手がいないと、それだけで「なにかが足りない」という欠落感を覚えるみたい。

恋愛の優先度が非常に高く、恋をすることが生活の一部になっていてもおかしくないでしょう。

幸せにつながる恋愛体質

恋愛の優先順位が高いことは、決して悪いことではありません。

自分のときめきに従って行動できるなら、素敵な相手と幸せな関係を築く可能性が高くなるのは当然のこと。

恋に前向きな姿勢が、あなたの恋愛体質を活かしてくれるはずですよ。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)