人間関係や仕事、プライベートが原因で落ち込み、気分が晴れないときもあるでしょう。

そんなとき、彼氏に甘えたいけど甘えるのを我慢して、ひとりで頑張っていませんか?

辛いときこそ、彼氏に頼ることも重要です。

そこで今回は、気分が落ち込んだときの上手な彼氏への甘え方について考えてみました。

落ち込んだときこそ実践したい「彼氏への上手な甘え方」2選

素直に気持ちを打ち明ける

仕事や人間関係でストレスが溜まり、精神的に限界に近い……。

このようなときは、気分が晴れないことを思い切って彼に打ち明けてみましょう。

人に話すだけでも、気持ちは楽になるもの。

大切に思い合っている恋人相手ならなおさら、素直な気持ちを話せるはず。

また彼もあなたの話に共感したり、アドバイスをくれたりしてくれるかもしれません。

もし、直接話すのが難しい場合は、LINEでもいいでしょう。

まずは気分が沈んでいるスタンプや涙を流しているスタンプなど、自分のいまの気持ちに一番近いスタンプを送ってみて。

スタンプや文章を通して彼女が落ち込んでいることを知れば、彼は「なにかあったのかな?」と思って真剣に話を聞いてくれるはずですよ。

お互いの気持ちを受け止め、消化し合うことで、お互いの存在の大切さをより感じるようになり、特別なパートナーになっていくでしょう。

「会いたい」と伝える

落ち込んだときは、デートを提案するのも一つの手。

彼と楽しい時間を過ごすことで、日ごろのストレスを忘れられるでしょう。

また、彼氏としても、彼女が「辛いときの気分転換」として自分と一緒に過ごしたいと思ってくれることに喜びを感じるでしょう。

誘うときは「今週末一緒に〇〇行きたい!」などとストレートに言ってみて。

また、もしどうしても気持ちが堪えきれないときは、「いまから会えないかな?」「電話したい」と言ってもいいかもしれません。

彼は「突然、どうしたんだろう?」と思うかもしれませんが、普段とは違う様子に、「いまから会おうか?」「明日の夜に、時間取れるかも」などと前向きな答えを出してくれるはず。

彼も甘えられることで、頼りにされていると感じ、うれしくなるでしょう。

辛いときこそ彼に頼って!

辛いときや落ち込んだときこそ、彼に頼りたいもの。

大切なのは、素直な気持ちを彼に打ち明けること。

我慢せずに甘えることが、2人の関係を深めるきっかけにもなると思います。

ぜひ参考にして、素敵な関係を築いてくださいね!

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)