大好きな男性とめでたく結婚し、2人だけの生活が始まったのに、なんだか彼は不満そう……なんてことは意外とあるものです。

もしかすると、結婚に対する価値観の違いが原因かも。

そこで今回は、男性の星座別に、彼との幸せな結婚生活のカギになることを占いました。

前編に引き続き、てんびん座(9/23~10/23)からうお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】男性の星座別!彼との幸せな結婚生活のカギになるのは…

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の男性は、争うことを好まない平和主義であることが多いです。

とくに、大切なパートナーと衝突したときに受けるショックは、かなり大きいよう。

とはいえ、そこで自分だけが我慢しても、関係がいい方向に進むわけではありません。

ときに、お互いが譲れないことについて話し合うことで、さらに2人の関係を深めるきっかけが見つかるはず。

さそり座(10/24~11/21)

自分がパートナーに求めていることを、自分でも把握しきれないのが、さそり座の男性に多くみられる特徴。

結婚生活の中で「自分は本当にこの人のことを好きなのかな?」と思うと、触れ合うことで思いを確かめようとするみたい。

彼の求めに応えてあげることが、2人の仲を保つポイントと言えるかもしれません。

いて座(11/22~12/21)

いて座の男性は、結婚に安定よりも刺激を求めるタイプ。

付き合いが長くなるとどうしても訪れてしまう「倦怠期」には、2人の思い出や経験を振り返る機会を作ることが大切です。

結婚初期のとくに愛情が強かった時点に戻れるものを、あらかじめ用意しておきましょう。

やぎ座(12/22~1/19)

自分たちの生活だけでなく、お互いの家族が円満であることを望む、やぎ座の男性。

結婚によって新しいつながりができると、ときとして予想外に疲れさせられる出会いも生まれます。

しかし、自分たちの家庭を取り巻く人間関係を軽視しないことが重要になるようです。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の男性は、理性的かつ冷静に結婚生活を捉え、夫婦といっても一定の距離を保つことを好むのだとか。

お互いの個性を尊重できる夫婦関係に満足感を覚えますが、これが行き過ぎるとなんのための結婚か分からなくなる可能性も。

たまには夫婦で共同作業に取り組んだり、同じ時間を過ごしたりする機会を意識することが大事ですよ。

うお座(2/19~3/20)

人の気持ちの変化を読み取ることに長け、精神的なつながりを重視する傾向にあるのが、うお座の男性。

しかし、その一面が強くなりすぎると、常に相手の顔色をうかがっておどおどしてしまうかも。

あいまいな伝え方は避け、真意を打ち明けるようにしましょう。

相手の結婚の理想を押さえて

結婚を境にパートナーの言動が大きく変わるというのも、珍しい話ではありません。

人は、どんなことにも多少の期待をするもので、彼が結婚生活に求めるものが満たされていないと、予想外の言動が飛び出すこともありえます。

そうならないためには、結婚の前から彼が重要視することを押さえておくことが大切ですよ。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

【前編】おひつじ座~おとめ座の彼との幸せな結婚生活のカギになるのは…