気になる彼にアプローチをするうえで、「脈ありかどうか」はとても重要です。

誰だって失敗な避けたいものですし、彼の好意が分かっていれば、不安を感じずに恋を楽しめるはず。

今回は、男性がさりげなく出す「脈ありサイン」をご紹介します。

当てはまるものが多いなら、あなたと彼は両思いかもしれませんよ。さっそく見ていきましょう!

早く気づいて!男性がさりげなく発してる【脈ありサイン】3つ

目をしっかり見つめて話す

「好きな子が話しているだけでつい見とれちゃいます。
どんな話でも聞くし、『気づいたら何時間も経っていた』なんてこともよくある」(29歳男性/建築)

興味のない相手の話は「早く終わってくれないかな」と思うもの。

すぐにお店から出られるよう、イスから体をはみ出したり、その場しのぎの適当な相づちばかりになったりしがち。

しかし、男性は好意がある相手には「もっと一緒にいたいな」と思う傾向があります。

そのため体ごと相手に向けて、きちんと目を見て話をするでしょう。

彼と食事をしているとき、話しているとき、どんな態度をしているか、観察してみるといいですよ。

気づいたらいつもそばにいる

「つい好きな子を目で追っちゃって、気づいたら視界に入っていることがある。
気持ち悪いって思われたらどうしようって思うんだけど、無意識だから仕方ないよね」(21歳男性/学生)

こちらは学校や職場など、普段から関わりがある場合によく見られるサインです。

相手を意識しているからこそ、つい近くに寄りたくなってしまうよう。

もし彼が気になるなら、フランクに話しかけてみるとよさそう。

内容は「今日いい天気ですね!」「朝ごはん食べてきましたか?」など、なんでもOKです。 

そこから交流が広がって、デートに誘ってもらえる可能性もありますよ。

こまめに返事をしてくれる

「好きな子とのLINEってテンションが上がるので、こまめに返事しちゃいますね」(28歳男性/不動産)

LINEが苦手な男性もいますが、気になる女性にはこまめに連絡をする人が多いようです。

それだけ相手のことを、会えない時間も考えているのでしょう。

たとえばデート後に彼からのLINEが増えたら、脈あり度はかなり高いです。

逆に、既読スルーされるようなら、やっぱり次につなげるのは厳しいかもしれません。

LINEのテンションや返信のペースは、なんだかんだで脈ありを知るひとつの目安になりますよ。

彼も脈ありサインを出してるかも

「好きだからこそイジメたくなる」と思う人もいれば、「好きな子には甘々になる」と思う人もいるでしょう。

いずれにしても好意を完璧に隠しきれる男性は、なかなかいないはず。

今回ご紹介した内容を参考に、気になる彼が自分を特別扱いしているかどうか、しっかり見極めてくださいね!

(和/ライター)

(愛カツ編集部)