自分の気持ちをなかなか表に出してくれない男性との付き合いは、いろいろと想像したり不安になったりで疲れてしまう女性も少なくないでしょう。

好きな人の本音となると、突っ込んで聞くのもためらわれるものですよね。

そこで今回は、本音を見抜くのが難しい男性を干支別に占いました。

ランキング形式で3位から1位の順にご紹介します。

干支占い!彼女が本心を読み取ることが難しい男性ランキングTOP3

3位:寅(とら)年生まれ

【ギャップが本音が見分けにくくなる】

寅(とら)年生まれの男性は、穏やかな性格であることが多く、基本的に無鉄砲なことはしないタイプです。

しかし、恋愛においてはドラマティックなことを好む傾向にあり、そのギャップが余計に彼の本音を分かりにくくするのだとか。

機嫌がいいのかどうか読めないこともあるかもしれませんが、それを聞かれても起こることはないので、遠慮なく確かめていきましょう。

2位:酉(とり)年生まれ

【簡単には信用しない】

性別に関係なく、心を開くまでに時間がかかる用心深いところがあるのが、酉(とり)年生まれのの男性。

まずは彼の警戒心を解くために、敵意がないことを示す必要があります。

肯定の意志を示すことから始め、焦らず時間をかけて距離を縮めれば、味方だと認識してもらえ、本音を打ち明けてくれるはずです。

1位:巳(へび)年生まれ

【表情からも読み取りにくい】

巳(へび)年生まれの男性は、物静かでクールな人が多く、本音を言わないどころか、本心を顔に出すことも少ないよう。

そんな言葉とは違う思いを隠しがちな彼の本音を引き出すためには、あなたの存在を慣れさせることが第一歩。

一緒にいる時間が長くなって、あなたが隣にいることが当たり前になれば、ぽろっと本音を口にするかもしれません。

本音の出やすさを知って付き合い方を調整

簡単には口を開かない寡黙な感じが好みという女性もいれば、なんでも思ったことを打ち明けてくれる男性がタイプという人もいると思います。

相手が自分にどこまで本心を見せるかで、当然付き合い方も変わってくるでしょう。

気になる彼のタイプを押さえて、素敵な恋愛をしてくださいね。

(星谷礼香/占い師)

(愛カツ編集部)