好きな人に自分から告白するというのは、とても勇気が要るうえに、成功しようと失敗しようと関係性が変わってしまうもの。

でも、よりよい関係に進展するよう、できる努力は積み重ねておきたいものですよね。

そこで今回は、告白を成功させるためのコツを3つご紹介します。

幸せな結果につなげて!好きな男性への告白を成功させるための3つのコツ

「大事な話がある」

気になる彼と2人きりで会う機会が多いと、自分が異性として意識されていると感じてもおかしくありません。

でも実際は、特別な存在ではあっても、恋愛対象ではなく友達として大事に思われている可能性もあるのです。

この場合、流れで告白しても「そういう風には見れない」とあっさり断られてしまうことも考えられます。

告白の前には、自分が異性として見ていると印象付けるために「大事な話がある」とLINEを送るのがひとつの手です。

勇気の要る行為かもしれませんが、先の展開をある程度想像させることで、相手にも心の準備をする余裕が生まれ、納得のいく結果につながりやすくなるはずです。

「いま好きな人いるの?」

ひんぱんに連絡を取り合ったり、2人で遊んだりしていれば、関係がいい方向に進展していると考える人は多いでしょう。

しかし、気になる彼に、ほかにもそういった存在がいることもありえます。

そのように相手の状態を知らないまま告白するよりも、ライバルがいないときを狙った方が、告白の成功確率は高くなりますよね。

告白の前には「好きな人いる?」と最終確認をし、仮に明確な答えがなくても、「なんとなくいそう」なら機会を改めましょう。

その成否に関わらず、関係性が変わってしまうものが告白なので、準備は念入りにすることをおすすめしますよ。

「これで最後になるかも…」

告白をしてフラれた後、連絡を取りにくくなるのは自然なこと。

いままで通りに関われなくなることへの不安から、「告白なんてしない方が……」と考えることもあるかもしれません。

でも、それは相手も同じで、これまで親しくしていた相手が急にいなくなるなんて、寂しく思うに決まっています。

そこで、告白前に「これで最後になるかも」と意味深なLINEを送ってみましょう。

連絡が取れなくなる、会えなくなるといったことを嫌がる気持ちが相手にあれば、告白に有利な状態となるはずです。

小さな一押しを重ねて

告白を成功に導くものは、決してドラマティックな出来事や思い出だけではありません。

また、意味深なLINEを送ったからと言って、必ず成功するといえるものでもないでしょう。

しかし、こうした小さな努力の積み重ねが、最終的な幸せにつながっていくのですよ。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)