せっかく大好きな彼と2人きりのお家デートができるなら、いままで以上に仲を深めたいものですよね。

また、彼に「またデートに誘いたい」と思ってもらえたら、これ以上ない喜びのはず。

そこで今回は、お家デートで男性をときめかせる工夫を3つご紹介します。

もっと一緒に過ごしたい♡お家デートの時間をより魅力的にする3つの工夫

距離が縮まっていい匂いがする

「お家デートのときって、自然と女の子との距離も縮まるから、匂いが気になります。そういうときに、ふわっといい匂いがすると『素敵だなあ』って思いますね」(32歳男性/デザイン)

2人きりで過ごせる時間が長いお家デートだからこそ、彼氏との距離が近くなる機会も多いでしょう。

そこで彼の苦手な匂いがしたら、その場で不快感を示されなくても、内心ガッカリされるかもしれません。

事前に好みの香りを調べておくことも大事ですが、まずは清潔感を意識して強すぎる匂いを避けることも重要ですよ。

無意識のうちに居心地のよさを感じてもらえれば、2人の仲は深まりやすくなるはず。

手料理をふるまう

「好きな子とお家デートをしたら、手料理を振る舞ってくれることになったんです。俺も一人暮らしだから自炊してるけど、やっぱり人が作ってくれる料理って特別おいしく感じます」(28歳男性/建築)

普段から自炊している男性にとっても、人が作ってくれる料理は特別に感じるよう。

とくに、彼が普段1人では作らない料理ほど、強い印象を与えられるでしょう。

少ない機会を逃さず、お家デートを特別な時間にしてくださいね。

お揃いの部屋着

「初めてのお家デートで、2人で部屋着を買ってから、彼女の部屋に泊まったんです。部屋で着てみたら、一気にデート感が増して楽しかった!なんと言っても、無防備な部屋着姿もめっちゃよかったし。

その後、彼女が洗濯して部屋にその服を置いてくれることになって。また家に来る理由ができましたね」(30歳男性/音楽)

いくら家といっても、恋人に会うための服のままではリラックスしきれないという人も少なくないと思います。

それなら、2人でお揃いの部屋着を買ってみるのがおすすめ。

また、どちらかの家に部屋着を置いておけば、次のお家デートのハードルも下がるはずです。

居心地よくふるまえる工夫を

お家デートを素敵なものにするためには、2人が居心地よく過ごせる工夫が大切です。

いつもでの空間の特別な過ごし方だったとしても、どちらかが気を張りつづけて無理をしていては、その緊張を伝わってしまうでしょう。

お互いが気楽にふるまえるコツを取り入れて、2人の仲をさらに深めてくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)