気になる彼とのLINEって、楽しくていつまでも続けていたい気持ちになるもの。

でも、実際にそんなことをすると迷惑になってしまいますよね。

いくら好きでも、相手の気持ちを考えながらやり取りしなければなりません。

そこで今回は、男性が「LINEを終わらせたいとき」のサインをご紹介します。

もういいかな…男性が「LINEを終わらせたいとき」のサイン4つ

相づちが単調になる

「うん」「そうなんだ」「へぇ」「わかった」などと、短いワンパターンな相づちが増えてきた……。

これは、男性がLINEでの会話に飽きてきている典型的な証拠だといえます。

会話にあまり乗り気ではない状態になっていて、もう話を続ける気持ちも薄れてきているので、長い返信を打つ気にもなれないのでしょう。

男性から会話を盛り上げる気が感じられないときには、無駄に粘ろうとせず、サッと切り上げたほうが、うっとうしく思われたりしないで済みますよ。

スタンプのみの返信が増える

スタンプでの返信が増えてきたら、男性のなかでそろそろLINEを終わりにさせたい気持ちが生じてきているのでしょう。

さらに、スタンプのみになってきたのなら、もう返信をする気がなく、終了の合図を送っているつもりなのかも。

それに気づかずに、そのまま会話を続けようとしたり、スタンプを連打して応えたりすると、男性にはゲンナリされるだけ。

返信に困ったときにも、スタンプでごまかす場合があるので、話題を変えるか、LINE自体を終わらせるかの判断をしたほうがいいでしょう。

返信のペースが遅くなる

LINEの返信にだんだんと間が空くようになってきたら、男性はもう返信をするのが面倒になってきているのかも。

会話にあまり集中しておらず、心ここにあらずといった状態になっている可能性も高いです。

そのまま会話をつづけても、ダラダラと不毛な時間が続くだけなので、いったん終わりにしたほうがいいでしょう。

また、会話が長くなりすぎると、返信をすること自体に疲れてくる場合もあるので、そういう面にもちゃんと配慮するようにしてくださいね。

「忙しいアピール」をしてくる

男性は断りたいときには、「忙しいアピール」をするケースが多いです。

一番手っ取り早くて、うまく逃げられる方法なので、「忙しい」でごまかしてしまおうと考えるのでしょう。

「そろそろ仕事に戻らなきゃ」「最近忙しくて疲れている」「明日も朝から仕事で早いんだよね」などなど……。

でも、会話中に男性がそういったことを言ってきたのなら、言い訳でなく本当に忙しい場合だってあります。

どちらの場合にせよ、「忙しいのにごめんね。また連絡するね」と素直にLINEを終わらせるのがベストですよ。

相手のサインに敏感になろう!

男性がLINEに飽きてきているときには、なにかしらのサインを発しているもの。

それを見落とさずに対処してあげられると、あなたとのLINEを苦痛に思われるようなことは起こらないはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)