気になる彼に頑張ってLINEしているけれど、なかなか振り向いてもらえない……。

そんなとき、いつまで彼に思いを寄せたらいいのか、わからなくなってしまうことがあるでしょう。

そこで今回は、男性の「脈なしLINE」をご紹介します。

このLINEが来たら、次の恋へ進んだほうがいいかもしれませんよ。

もう興味ないんです…男性がLINEで見せる「脈なしサイン」3つ

LINEが来る頻度が減った

以前と比較して彼からLINEが来なくなった場合、彼のなかで優先度が下がっている可能性があります。

たとえば前は毎日メッセージが来ていたのに、いまは1週間以上既読スルー……など。

いくら仕事が忙しくても、気持ちがあれば一言くらい返信しますからね。

もし出張や繁忙期など、どうしても返信できない事情があっても、脈ありなら事前に連絡をくれるでしょう。

スタンプのみの返信ばかり

男性のなかには、そろそろ恋を終えたいと考えたとき、LINEにかける時間を減らしていく人もいます。

そのため、メッセージの返信を面倒くさがり、スタンプでサクッと返信してくることがあるのです。

スタンプのほうが、じっくり考えずに返せますから。

以前と比べてスタンプばかりだなと思ったら、関心が薄くなっているサインかもしれません。

質問しても回答が曖昧

多くの男性は、これからも関係を続けたいと考える女性に対し、じっくり考えて返信してくれるもの。

それにも関わらず、女性から投げた質問に対し、曖昧に返すようなら脈なしなのかもしれません。

問いかけに対しても「うん」「そうだね」と深く考えずに返ってきたら、脈なしの確率はさらに上がりますよ。

デートに誘われなくなった…

もうこれは説明の必要もないかもしれませんが、デートに誘われなくなるのは脈なしサインでしょう。

もし彼が自然消滅を考えている場合、自然とリアルで会うことを避けようとするかもしれません。

そのため、彼からデートに誘われなくなったということは、相手の女性への関心が下がってきている証拠。

彼と関係を続けたい場合は、リカバリーが必要かもしれませんね。

脈なしサインを察知したら…

LINEは意外と、彼の本心を見抜けるツールです。

そのため、今回ご紹介したようなサインが見られたら、恋の終わりは近いのかもしれません。

彼のサインを早めに察知して、次の恋を探すか、リカバリーするか、なにかしら対策をしてくださいね。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)