気になる男性とのLINEでのやりとりは、ドキドキすると同時に、自分のことをどう思っているかが気になるもの。

じつは、LINEのやり取りの中でも、スタンプの使い方から彼の気持ちが分かることがあるのです。

そこで今回は、LINEのスタンプから脈あり度が分かるポイントをご紹介します。

使い方に好意が表れる!気になる男性の「脈あり度」をLINEスタンプから見極めるポイント

自分と似た雰囲気のスタンプ

【脈あり度:60%】

「好きな子とのLINEは、送る頻度とか文章の雰囲気を合わせるし、もちろんスタンプの使い方も寄せます。いい印象を持ってもらえるように、彼女が使うスタンプのテイストやキャラクターを調べますね。

有料スタンプも何個か買って、さりげなく使ってます。この前『ペースが合うから楽!』と言ってもらえたので、ここからさらにアプローチしたいところ……」(23歳男性/IT)

いつの間にか、同じキャラクターのスタンプを使っているという場合、もしかしたら彼が意図的に寄せてきた可能性があります。

気になる相手とのLINEでは、スタンプひとつにもこだわって、親近感を出そうとする人は多いです。

やり取りのペースが心地よく感じるのも、彼が好意を持って合わせている証拠と言えるかもしれません。

面白系スタンプで笑いを狙う

【脈あり度は:80%】

「好きな子とのLINEは途切れさせたくないから、用事がなくても、面白系スタンプで不意打ちを狙います。

彼女が笑ってくれたらうれしいので、念入りに選びますね。そこからまたやりとりが続くのが理想です!」(22歳男性/大学生)

これといった用事もなくスタンプを送ってくるのは、あなたとつながっていたいからでしょう。

その後の会話のきっかけになることも考え、面白系スタンプで笑わせようとしてくるなら、好意を抱いている可能性は高いです。

長いメッセージへの返しがスタンプひとつ

【脈あり度は:30%】

「前にいい雰囲気になった子は、とにかくLINEメッセージが長かったんです。初めは頑張って返信していたけど、とりとめのない話ばかりで返し方にも困ったし、だんだんLINEを開くのが面倒になりました。

最終的にはスタンプだけで返すようになって、相手もこちらの気持ちに気がついたのか、LINEの頻度がグッと減って気がついたらフェードアウトしていましたね」(24歳男性/金融)

長文を送ったのに帰ってきたのがスタンプひとつだけ……。

これは、積極的にコミュニケーションを取る意志はないと考えても、間違いではなさそう。

初めはしっかり返していたなら、あなたとのやり取りに疲れてしまったのかも。

スタンプの使い方から本音を見抜いて

LINEは、表情やニュアンスが伝わりにくいため、文章から気持ちを読み取ることは難しいです。

でもその分、LINEの使い方に、本音が隠れていることもあります。

スタンプひとつとっても、彼の気持ちが表れている可能性があるので、よく観察してみましょう。

(愛カツ編集部)