好きな男性に告白するのって、難しいですよね。

しかし、だからといってなにも言わないと、いつまでも関係は進展しないままです。

そんなときに使えるのが、「さりげなく好意を伝える一言」です。

告白をしなくとも、彼に好意を伝えることができるかもしれません。

告白よりも低リスク!気になる彼に「さりげなく」好意を伝える一言

「〇〇君が行かないなら…」

気になる男性に向かって、「○○君が行かないなら私も行かない」とさりげなく言ってみると、高い確率でドキッとさせられます。

この一言で、あなたが彼をどう思っているのかが伝わるでしょう。

反対に、「○○さんが行くなら行きます」と答えるのも、同じ効果を得られるはず。

さらっと言うことができるのでオススメです。

「2人だけの秘密ね」

好きな人のことを、分かりやすく特別扱いするのも1つの方法です。

たとえば、「2人だけの秘密だよ」とか「○○君にだけ言うね」などなど。

相手の男性としても、「ほかの男性ではなく自分が選ばれた」とうれしくなるのではないでしょうか。

秘密を共有することで、信頼感も生まれるかもしれません。

「彼氏だったらな」

「○○君が彼氏だったら最高だな~」とほめるのも有効な一言です。

言われた方からすれば、「自分の彼女になりたい」と言っているように感じるみたい。

自分のことを恋愛対象として見てくれていることに気づいたら、彼も一気に距離を縮めやすくもなるはずですよ。

彼との共通の知人に言って、ウワサのように伝えてもらうのもアリですね。

「○○な人がタイプ」

「眼鏡かけてる人がタイプ」「好きになる人、O型の人が多いんだよね」「黒髪の男性が好き」などなど。

気になる男性の特徴を挙げて、それを「タイプ」と伝えるのはかなり効果的な方法です。

遠回しに告白をしているのにも近いので、「それって俺のことを言っているのかな?」と彼も気づいてくれるはず。

彼にしかないような特徴を言うことで、さらに気づいてもらえる確率は上がるでしょう。

告白するよりも低リスク!

あなたの好意が伝われば、彼も意識せずにはいられないはず。

いきなり告白するよりも、失敗するリスクは格段に低いです。

まずはさりげなく伝えてみて、彼も好意的なようなら告白も考えてみてください。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)