夫婦仲が冷めきっているにも関わらず、なぜか離婚しない男性ってじつはたくさんいます。

果たして、彼らの判断にはどんな理由があるのでしょうか。

今回は、著者が探偵をしていた時代に、不倫をした男性に直接聞いたその理由をご紹介します。

そこには、離婚を考えたことがある人にしかわからない苦悩の世界がありました……。

不倫男性に聞く【妻に愛情はないのに離婚しない理由】3つ

「子どもがいるから」

「嫁とは子どもの話題以外の会話もないし、このままずっと家庭内別居で暮らすのもつらいなとは思います。

ただ、離婚して子どもが転校することになったり、環境を悪くさせるようなことになったりしたら申し訳ないという気持ちが強いんですよ。

やっぱり親としては子どもに不自由させたくないですよね」(31歳男性/金融)

「子どもを片親にさせたくない」という理由から離婚にまでは踏み込まない夫婦は多いです。

なかには子どもが成人し、親権が無くなったら離婚すると決めている夫婦もいました。

「世間体が悪い」

「軽く『離婚したいんだよね』って親に言ったら激怒されてしまいました。

やっぱり孫がかわいいっていうのが大きいらしく、絶対に離婚はするなって頼まれましたね。

会社でもあまり離婚している人はいないので、僕自身の肩身が狭くなるのもあります」(31歳男性/建築)

人はまわりの環境に大きく影響を受けるもの。

「周囲に離婚経験者が多いかどうか」も、本人の意思決定を左右することが多いです。

とくに同居の親族がいる場合や、地域の人間関係が濃い場合には、なかなかいまの環境を変えてまで離婚するのは難しいでしょう。

「経済的な事情」

「不倫相手の方が好きだし、一緒になれたらいいなとは思いますが……現実的には無理だと思います。

マンションの頭金を嫁の親が出してくれているので、勝手に売れないというのが一番大きいですね。

値上がりしてるならまだしも、買ったときよりかなり下がっているので、その分を補填するほどの根性は俺にはないです」(33歳男性/小売)

マンションの名義が夫婦の共有になっていたり、ローンの返済が沢山残っていたりすると「売れるまで離婚できない」という夫婦は少なくありません。

結婚するとそれに伴って少なくないお金が動いているもの。

離婚するとなるとお金の取り分や慰謝料など、面倒な手続きが必須で、これが離婚のハードルになっているのです。

幸せな人生にするために…

離婚しないのは、未練があるなどの理由ではなく、お金や世間体など、なんとも生々しいリアルな理由が多かったですね。

それだけ「結婚」というのは重い責任が伴うものなんです。

ただ「好き」という気持ちだけで結婚はできないという理由もここにあるんですね。

しかし時間は限りあるもの。

人生のなかで幸せな時間をできるだけ長く過ごせるように、最善の選択をしましょうね!

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)