大好きな彼に喜んでもらえると、こちらもうれしくなりますよね。

記念日を祝ったりプレゼントをあげたりするのもいいですが、ほかにも彼を喜ばせる方法はたくさんあります。

そこで今回は、男性が「恋人にやってほしいと思っていること」を紹介します。

気軽にできるものが多いので、ぜひ実践してみてくださいね。

言えないけど…男性が「彼女にやってほしいと思っていること」3つ

1番に報告

「彼女が資格の試験に合格したとき、『1番に〇〇君に言いたくって…』と電話で報告してきてくれました。

僕自身すごくうれしかったし、1番に報告してくれた彼女が愛おしくなりましたね」(24歳男性/デザイナー)

多くの男性は、友達や家族よりも前にうれしいことを報告されることで、「自分が最優先なんだ!」と思うようです。

ビックニュース以外にも、食べておいしかったものや、心配ごとが解消されたなど、小さなことでもOK。

うれしい気持ちを共有することで、彼もきっと同じ気持ちになってくれるはずです。

SNSで自慢

「女友達が、彼氏とのデートの写真をSNSであげていてうらやましいな〜って思ってます。

でも自分から『僕のことをSNSにあげてほしい』と言うのは恥ずかしいので、彼女にはなにも言えません」(21歳男性/大学生)

彼女がSNSで「超楽しかった!」「また行きたいな」など、自分のことを投稿しているのを見て、うれしく思う男性も多いみたい。

ただし投稿するのは、行った場所の写真など表面的な部分まで。

細かく書き込むと、彼が恥ずかしがってしまう可能性があります。

友達に紹介

「この前、彼女と彼女の幼馴染の男性と3人でご飯に行きました。

『私の彼氏です』って言ってくれたのが、当たり前だけどすごくうれしかったな」(24歳男性/建築関係)

自分のことを友人に紹介してもらいたいと思っている男性も、多くいるようです。

友人に紹介するのは「すぐに別れそうな相手ではない」と思っている証拠にもなります。

逆に、自分の存在を隠されると、後ろめたいことがあるのではないかと不安になってしまうみたい。

彼を喜ばせよう!

男性は、女性よりも「〇〇してほしい」と自分から言えないことが多いみたい。

だからこそ、彼のことをよく知って、どうしたら喜んでくれるか考えてみてください。

そうすれば、2人の仲もきっと自然に深まるはずです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)