恋人と過ごす時間はかけがえのない幸せなひととき。

その日を励みにして、勉強や仕事を頑張っている女性はたくさんいるのではないでしょうか。

男性にとってもそれは同じこと。彼女と過ごす時間を幸せだと感じられれば、大変なことも乗り越えられるのです。

今回は、男性が彼女と過ごす時間のなかで「この人と付き合って本当によかった」と幸せを噛み締める瞬間をご紹介します!

最高に幸せ♡男性が「彼女と付き合ってよかった…」と実感する瞬間3つ

大遅刻しても責められない

「元カノと付き合っていたときに一時間も待たせる大遅刻をしたことがあったんです。

やばいと思って焦って待ち合わせ場所に行ったら『遅いよ~!』の一言で終わり。

『お詫びにおごるよ』って言っても『すっぽかされたわけじゃないからいいよ』って。最高の彼女だと思いました」(29歳男性/広告)

彼だって人間なのですから、デートでうっかり失敗することだってありますよね。

しかし、そこで遅刻した彼を責めすぎると、自分が遅刻してきたときに責められることも。

そこから関係が悪化してしまい、別れる原因となることがあります。

相手を許してあげられれば、同じ失敗をしてしまったときも許してもらえる関係になれるでしょう。

「一緒にいられるだけで幸せ」

「彼女と週末にちょっとおしゃれなお店に行ったら、予約が上手くできていなかったようで入れなかったんです。

『すぐに違うお店探すね』っていったら、『別にいいよ。一緒にいられれば楽しいから』って言ってくれてうれしかったです」(28歳男性/不動産)

予約が上手くいかなかったり、面白いと思って行ってみたらいままでにないほどつまらなかったりしたとき、男性は焦ります。

そんなときに、彼女から「一緒にいられれば、それだけでいいよ」と言ってくれると助かるもの。

「しっかりしてよ!」と彼を責めることを言うと、関係性に亀裂が入る可能性もあるので注意してくださいね。

わざわざ看病しに来てくれた

「風邪を引いたときに『なにかほしいものはない?』って言われて看病しにきてくれたときはうれしかったですね。

一人暮らしで熱出して寝てると寂しいんですよ。涙が出そうになるほど悲しくなってくる。だから、ありがたかったです」(27歳男性/医療)

実家を離れた土地での一人暮らしはそれだけで寂しさを感じますよね。

熱を出して寝込んでいると、寂しいを通り越して悲しくなることもあるでしょう。

そんなときに、彼女がお粥を作りにきてくれると、それだけで感動するわけですね。

洗濯物をしてくれたり、部屋を掃除してくれたりするとありがたみが身に染みるそうですよ。

予想外の出来事がチャンスに♡

ちょっとマンネリ気味のカップルでも、彼はふとした瞬間に彼女のことを「ああ、好きだな……」と実感することがあります。

その多くは何か問題が起こったときに彼女の偉大さや優しさを感じるようです。

今回ご紹介した内容を参考に、彼氏に「やっぱり俺の彼女って最高!」だと思われるよう、日頃の言動を工夫してみてくださいね。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)