付き合いが長くなったカップルは、次第にデートがパターン化し、飽きを感じはじめることがあるでしょう。

そのままマンネリ化し、お互いの愛情が薄れることを不安に思う女性も多いはず。

そこで今回は、デート中に彼氏をときめかせて愛情を強めるテクニックを4つご紹介します。

ラブラブな関係を取り戻す♡デートで彼氏をときめかせて愛情を深める4つのテクニック

さりげない気遣い

「ステーキを食べたあとに、彼女が『これ食べる?』とフリスクをくれて。こういうさりげない気遣いがうれしいんだよね」(29歳男性/証券)

付き合いが長くなると、次第に素の自分を出すようになり、遠慮や些細な気遣いが失われてくるカップルは少なくありません。

それでお互いが心地よく過ごせるなら問題ありませんが、あからさまに雑な態度に愛情が薄れることも。

デートに付き物の食事に関する気遣いは、喜ばれる機会が多いはず。

料理の取り分けや卓上調味料の受け渡しなど、ささいなポイントで「気遣い上手」と思ってもらえれば、お互いに思いやり合える素敵な関係が築けるでしょう。

つないできた手を握り返す

「普段通り彼女の手を握ったら、その日はなぜかギュッと握り返してくれたんだよね。『いつもはそんなことしないのになんで?』とうれしくなりました」(31歳男性/教育関係)

彼が手をつないできたら、ぎゅっと握り返してみてください。

それだけのことでも、「俺のことを意識しているんだな」「大切に思ってくれているんだ」と感じてもらえますよ。

また、たまにはあなたの方から握ってみることで、あなたの好意と自分が抱いている愛情を確認できるはずです。

見つめられて恥ずかしがる

「彼女をじっと見つめたら、『どうしたの~?』と言いながら恥ずかしそうに照れていた。その姿がかわいすぎて、思わずニヤけてしまった」(28歳男性/広告)」

やはり女性の笑顔が持つ力は強く、その中でも恥ずかしそうな照れ笑いはとくに心に響くよう。

素直な感情表現は、マンネリ気味な関係への刺激になり、2人をつなぎとめる役割も果たしてくれます。

関係が深まったからこそ、彼に心を開いていることを目に見える形で示してあげましょう。

別れてから振り返って手を振る

「普段クール系の彼女が、改札を入った後に振り返って手を振ってくれた。思わず『かわいすぎる!』と心のなかでキュンキュンしてしまいました」(33歳男性/IT)

デートの待ち合わせと別れ際の印象は、デート中の出来事よりも鮮明に記憶に残ることがあります。

とくに、別れ際の寂しさは、デートが楽しいものなら余計に強く感じられるもの。

見送る彼に、一度振り返って手を振れば、それだけで「俺ともっと一緒にいたいと思ってくれたのかな?」と思うはず。

そして、新鮮な気持ちであなたにときめくかも。

ラブラブな頃の感覚を思い出して

デート中に彼をドキドキさせたいなら、あくまでさりげなくやるのがポイント。

「彼のためにやってあげています感」やわざとらしさが出れば、逆に気持ちの冷めを加速させる恐れがあります。

ときめきを復活させて、愛情深い付き合いを取り戻しましょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)