LINEのやりとりって、合う人もいれば合わない人もいますよね。

好きな人から「この子とやりとりするの、楽しいな」と思ってもらえたら、恋愛にも発展しやすくなるでしょう。

今回は、男性が「波長が合うな……」と感じるLINEをご紹介します。

会わずとも落とす!男性が「この子、気が合う…」と思うLINEとは

生活リズムがだいたい同じ

LINEでの「合う」と感じる大きな要因として、LINEが来るタイミングは重要です。

話ができる時間帯が全く違っていたら、LINEを送ってもなかなか返信が来ずに、会話をポンポンと続けることも難しくなりますよね。

「生活リズムが似ている」ということは、頻繁にLINEができる大事なポイントでもあるのです。

生活リズムが合わない場合でも、「相手がLINEをできる時間帯に送るようにしよう」と意識するだけで、会話のしやすさは大きく変わるはずですよ。

本音で会話ができる

気になっている男性に対しては「嫌われたくない」という思いも働くかと思います。

しかし、そればかりを考えていると、いつまで経っても素の自分を見せられません。

好きな男性に対して話を合わせたり、上辺だけの会話をしたりしたとしましょう。

たしかに悪い気はしないかもしれませんが、楽しいLINEだとは感じないはず。

気を遣わずに、本音で語り合える女性の方が男性も心を許せるもの。

暴言やデリカシーの全くない発言はさすがにダメですよね。

でも、無理やり作った自分を演じているうちは、なかなか打ち解けられないということは、覚えておいて損はないはず。

嫌いなものが同じだった

嫌いなものが同じだった

波長が合ったり、気が合ったりするというのは、「好きなものが一緒な人」だと考える方も多いのでしょう。

確かにそれも大切ではあります。

でも、じつは好きなものよりも「嫌いなもの」が一緒の人の方が、深いところでつながれるのではないでしょうか。

「行列に並ぶのが嫌い」とか、「時間にルーズな人が許せない」とか。

嫌いなものへの考えが一致すると、一緒にいてストレスだって少なくなるはず。

根本的な考え方や価値観の方向性も近い相手なので、LINEでの会話も盛り上がりやすくなるでしょう。

ダラダラやりとりしない

男性の多くは長話が苦手なので、こういったことをしてくれる女性には好感を持ちやすいです。

一回一回のLINEを長くするよりも、短いLINEを何度も交わすようにした方が、親密にだってなりやすいかと思いますよ。

「好きだから少しでも長く話していたい」という気持ちは、次第に重荷にもなっていくので、男性からは避けられるキッカケになってしまうかも。

あまりダラダラとやり取りを続けようとするより、スパッと終えたほうが好印象ですよ。

合わせ過ぎるのは逆効果

相性がいいとか気が合うと感じてもらうためには、変に気を使いすぎないということが大事。

よそよそしさや他人行儀な雰囲気があったり、変に合わせすぎたりすると、なかなか親密な関係性にはなれないものですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)