男性が意味深な言葉を発すると、つい自分にアピールしているのかと、期待してしまうことがあると思います。

でも、じつはよく考えずに冗談で言っていることもあり、振り回されるだけ損という可能性も。

そこで今回は、男性が興味のない女性に言うことのあるセリフを3つご紹介します。

冗談の可能性大…男性が興味のない女性に発した3つの言葉

「〇〇ちゃんってモテそうだよね」

「とくに興味がない子には『○○ちゃんって本当モテそうだよね~!』って言っちゃいます。だってほめられて嫌な気分になることはないじゃないですか。 

逆に好きな子には緊張しちゃってこんなこと言えないですよ。どちらかというと慎重になりますね」(29歳男性/住宅)

「モテそう」という言葉は、一見異性として意識しているように思えて、じつは社交辞令ということも少なくないもの。

本命の女性に対してほめるなら、「かわいい」「すごくタイプ!」など、もっと自分の好意が伝わりやすい言葉を選ぶみたい。

彼の発言に認識が表れることは間違いありませんが、それだけにこだわらず、本心を見極める必要があると言えます。

「俺らって知り合って結構経つよね」

「『俺らって知り合って結構経つよね』って言われてドキッとしたことがあるけど、とくにそれ以上の関係にはならなかったな。意味深っぽく聞こえるだけで、意味はないのかも……」(27歳女性/後方事務)

これが告白の前フリだったらいいのですが、「俺たち知り合ってもう〇年だよな~」と言っただけで音沙汰なしということも。

あるいは、「これからもよろしく」と締められたら、友達としか思われていない可能性が高そうです。

意味深なセリフだけの場合は、あまり期待しない方がいいのかもしれませんね。

「俺が養ってあげるよ」

「『このままじゃ一生結婚できない』って嘆いている子に、『じゃあ俺が養ってあげるよ』って言ったことがあります。もちろんただの冗談なので、本気にされたら困りますけど」(30歳男性/広告)

「養う」なんて、プロポーズのようにも聞こえますが、単なる上から目線の冗談という場合もあります。

「俺には女を養うほどの稼ぎがあるんだ」と自慢したいだけのときに出るのでしょう。

しかも、このような質の悪い冗談を言う男性に限って、本命彼女には真面目な告白をしていることも多いのだとか。

その場のノリで言っているだけと思って、適当に流すことをおすすめします。

発言に振り回されないで

脈ありに思えるだけで、じつはただのリップサービスということも、決して珍しくありません。

男性の本音と建て前を見抜いて、紛らわしいセリフに一喜一憂しないようにしたいですね。

誤解しようのないストレートな告白をしてくれる男性の方が、誠実に愛してくれる可能性は高いのかもしれません。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)