一緒にいる時間が長ければ、恋人でも夫婦でもマンネリ気味になるのは避けられないことかも。

とはいえ、事前に対策し、ときおりいつもと違う言動を織り交ぜていけば、良好な関係を保ちつづけられるはず。

そこで今回は、男性の星座別に、愛情の冷めかけていた妻に惚れ直す瞬間を占いました。

まずは前編として、おひつじ座(3/21~4/19)〜おとめ座(8/23~9/22)までをご紹介します。

【前編】男性の星座で占う!妻への愛情が再燃するきっかけって…

おひつじ座(3/21~4/19)

おひつじ座の男性は、結婚すると面倒事を上手く回避しようとするタイプです。

パートナーにはしっかりものであってほしい反面、ぶつぶつ文句は言われたくないみたい。

そんな彼には、「頼りになるよね」と当てにすることで、大切な人を守りたいと強く思うはず。

おうし座(4/20~5/20)

大人しいわりに、家事のことになるとかなり神経質な部分が出てきがちな、おうし座の男性。

少しマザコンなところがあり、自分が育った環境に近い家庭像を求めるのかも。

炊事・洗濯・掃除などを頑張る姿をアピールすれば、惚れ直してくれる可能性は高いです。

ふたご座(5/21~6/21)

ふたご座の男性は、一生懸命な人を見ると暑苦しさを感じる傾向にあります。

夫婦と言っても、お互いのパーソナルスペースを大事にしたいと考え、つねに一緒にいようとは思わないようです。

雰囲気が変わってきたと思ったら、一度彼のプライベートに干渉せず、自由にさせることで、あなたのことを気にし出すでしょう。

かに座(6/22~7/22)

家族のことを第一に考え、生活を安定させようと懸命に働く一方で、感情的になりやすい一面がある、かに座の男性。

すねると自分の世界にこもってしまうので、ときには優しい言葉をかけることも必要。

日頃頑張っている彼を労うことで、あなたのために頑張ろうと思ってくれますよ。

しし座(7/23~8/22)

しし座の男性は、一見派手好きな性格ですが、じつは家族のことや将来のことに思いを巡らせているタイプ。

そして、「パートナーのかわいらしさ」をとても重要視しているのだとか。

「認められたい」という思いがとくに強い彼には、甘えておだてることで、ときめかせることができるはずです。

おとめ座(8/23~9/22)

心配性で、自分の選択に自信を持てないところがある、おとめ座の男性。

自分に真剣に向き合い、アドバイスをくれるパートナーの存在は、とてもありがたく感じるでしょう。

あなたが本気で彼のことを思って行動すれば、彼の愛情が薄れることはありません。

愛し方は変わっても

結婚当初の気持ちを保ちつづけるというのは、誰にとっても難しいことです。

大切なのは、恋の始まりとは違う種類の愛情を、お互いが持ちつづけるということ。

あなたがパートナーへの愛情を注げば、彼もそれに応えてくれ、家庭の円満や人生全体の幸福へとつながりますよ。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

●【後編】男性の星座で占う!妻への愛情が再燃するきっかけって…